アデライン100年目の恋のあらすじと感想~年を取らないこととは~  

アデライン100年目の恋THE AGE OF ADALINEは、人生の在り方を考えさせられる映画でした。映画のあらすじと、そこから考えさせられたことをまとめて紹介したいと思います!

 

アデライン100年目の恋とは?

リー・トランド・クリーガー(Lee Toland Krieger)監督による2015年に公開された映画。主演はGossip girlでも有名な、ブレイク・ライブリー(Blake Lively)。

ELLEシネマ大賞」ファッション映画賞3位も受賞している。

 

アデライン100年目の恋あらすじ

アデライン・ボウマンは1908年生まれのブレイク・ライブリー演じる美しい女性。建設技師と結婚、娘のフレミングを授かり、幸せな家庭を築いていた。


しかしある日、突然の事故で夫を亡くし、ある夜、サンフランシスコ・ソノマ群に振った大雪の影響でアデラインの運転していた車が横転、アデラインは極寒の川に転落した。


極寒の中心臓が止まり、もう助からないかと思うその時、雷が落ちた。その衝撃で、止まった心臓は再び動き出し、奇跡的に助かった。

その雷が落ちたことで、アデラインの細胞は老化できなくなった。

 

その後も29歳の見た目は変わらず、見た目にそぐわない身分証明書(40歳の時にも見た目は29歳なため)でFBIにすら怪しまれ、拉致されかける。


危険を感じたアデラインは、娘と別居し、10年ごとに偽のIDを発行し、住む場所を変え続ける生活を余儀なくされた。

 

住む場所も変え続けなければならないので、アデラインは恋をすることもあきらめていた。


転々と名前、住所を変えていたアデラインが「ジェニー」として生活していたとき、サンフランシスコでエリスという青年に出会う。


恋をすることは避けてきたので、冷たく突き放すジェニーだったが、熱心なアプローチと、娘の後押しを受け、エリスとデートをし始める。


ジェニーは次第にエリスに惹かれていき、彼の家に招待され、両親に合うことに。


そこで、エリスの父ウィリアムと「出会う」。

実はウィリアムとはロンドンで生活しているときに出会い、ひょんなきっかけから恋人同士に。不老不死の体になってから正体を明かしたことは一度もなかったが、唯一ウィリアムには自分がアデラインだと名乗った相手なのだ。


交際当時、ウィリアムがアデラインにプロポーズを予定していることが分かり、アデラインはウィリアムの前から姿を消した。それ以来の再会だった。


ウィリアムはアデラインそっくりの「ジェニー」を見て「アデライン」と呼びかける。ジェニーは「アデライン」が自分の母だととっさに嘘をつく。


上手く乗り切れたと思ったジェニーだったが、一緒にハイキングに行った際にできた手の傷をウィリアムに気付かれ、正体がばれてしまう。

エリスと一緒になって幸せになってほしいと願ったウィリアムだったが、ジェニーはエリスたちの前から姿を消す。

 

ジェニーは車で山奥まで逃げ込み、物思いにふけ、意を決して戻ろうとしたところ、事故に遭う。極寒の中再び低体温症に陥るが、エリスと救急隊員の蘇生措置のおかげで、一命をとりとめる。


エリスに自分の正体を打ち明け、「ジェニー」でいることをやめ、アデラインとしてエリスと幸せに暮らしだした。

 

 

アデライン100年目の恋を見て

考えさせられるポイント1.

【大事な人たちと一緒に年を取れる幸せ】


私自身、大人になりたくない症候群であるという自覚も持って今まで生きてきました。

年を取りたくない、そんな感情を、そんじゃそこらの人よりも圧倒的に早く抱いておりました。忘れもしない中学二年生の時、小学五年生の妹と姉妹逆に思われ、喜んだことを覚えております。

これほどまでに年を取ることにおびえていた私ですが、この映画を見て、「愛する人たちと年を取っていくこと」について考えさせられました。

 

アデラインは一人だけいつまでたっても20代のまま。周りの同級生はとっくにおじいさんおばあさんになっていて、亡くなっていく。姿が20代からかわらないので、本人と名乗ることも出来なくなり、友人にも会えなくなる。

さらには自分の娘が先に置いていき、ぴんぴんしたアデラインとは対象に介護施設への入居を決めるフレミング。一緒に暮らすことすらたやすくなく、自分の娘を祖母だと偽り紹介。

 

もちろんこの映画を見ても年を取りたくはないですが、実際には無理な話。どんなに頑張ってアンチエイジングしても、刻一刻と時間は過ぎていってます。

でも、「年を取りたくない」だけの感情じゃなくて、今、一緒に年を取っていける仲間がいることの幸せさも実感することができました。


アデライン100年目の恋を見て

考えさせられるポイント2. 

今をしっかり生きられているのか?


今までは私は「若さが全て」だと思っていました。若いとちやほやされる、若いっていうだけで楽しい。「若い」扱いがされたい。青春最高。

周りは年相応を受け入れていくのに、どうしても受け入れられない。そんな思いから、28歳途中まで過去にばかり思いをはせていました。

それまでの私の口癖は「私の人生のピークは18~19」でした。

楽しかったのはいいことですが、これから何十年もあるのに、ピークが終わったと思って過ごすなんて、今思ってもかわいそうな人ですよね。笑

 

この感覚から抜けられたのは、私自身が「目標を見つけ、今を楽しむ」ようになれたからです。

引き寄せの法則に出会い、理想の彼氏と出会い、仕事面でも、4社も転々としてようやく、

「映像翻訳家のフリーランスになりたい」という夢を見つけた。ブロガーとしても成功したいという新たな野望も誕生し、今、ようやく自分自身の「これから」が楽しみになってきました。

 

アデライン100年目の恋を見て考えさせられるポイント3.

どんな小さなことでも良い、やっぱり人って、充実するには目標も必要だ

 

どんな目標でもいい。「目標を持ちたい」と思って頑張って探すというよりはいろいろなことに興味を持ったり、いろいろな人と話をしたり、新しい世界に触れることが一番だと思います。

 

そして、目標を目標で終わらせず、そこに向かって「走って(歩いて?)」いくこと。

本当に叶えたい夢に出会ったときは、その過程も苦しむだけでなく、楽しみながら、充実しながら進んでいけるはず。


結婚して幸せな家庭を持ちたいなら、婚活をしつつ、結婚はゴールではないので、自分自身どんな人になりたいか探るためにも、独身の間に様々なことを見聞きしたり、チャレンジした方が良いと思いますし、キャリアアップしたいなら、会社の愚痴を言う暇があったら、1分でも早く残業を切り上げて、転職に役立つためのスキルアップに時間を充てるべきです。


そうやって「日々、一生懸命生きる」ことが、「今を生きること」であり、「明日死ぬなんてたまったもんじゃない!まだまだやれることやりたい」と思えるのが、一番充実した生き方なのではないか、と思います。

 

アデライン100年目の恋を見た感想のまとめ

 

不老の映画を見たところで、残念ながら老化は止まりません。

「どうせ」年を取るなら、私は「めっちゃ濃く」年を取っていきたい。だからこそ、今を「めっちゃしんどいくらい充実させて」これからも生きていきたいと思います。

今なあなあで生きてしまっている人、愚痴りながら生きてる人、年を取りたくない人、取りたい人、すべての人に見てほしい映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。