【元カレを完全に諦める1番の方法はとことん追ってとことん振られろ】忘れられない人に喝を入れる


「元カレを忘れられない」と悩むあなたに。

こんな人は必読
  • 【元カレが忘れられない 】
  • 【元カレ以上の人はいない】
  • 【もう2度と恋なんてできない】
  • 【私は一生一人だ】
  • 【なんで自分だけ恋愛がうまくいかないんだ】

そんな風に悩むあなたに伝えたい。
この辛さは絶対に終わるから。
終わらなきゃ損だから。

(ドヤ顔)
人生1度キリやで???
元カレを思うだけ思って暮らしていくん?
30歳になっても40歳になっても50歳になっても死ぬ前まで。

その間元カレは何してると思う?
きっと新しく誰かに恋をして、
いっぱいいっっぱい愛の言葉をささやき、
デートをし、
幸せな時間を送ってるよ。

 

誰かと付き合っていなくたって、
あなたのことを思っているわけではない。

ええ出会いないかな~くらいですよ。
あなたの出る幕はせいぜい、
「懐かしいな~ええ子やったな~」とか
「なんで付き合ったんやろ」とか
そんなもんです。

引きずるのって悔しくないですか???

ズボラなチキン
私は7年前の自分に言いたい。
引きずる時間全て無駄やぞって。

日本はまだまだ若さ至上主義。
この若さはどんなに大金をはたいても戻ってくるわけではない。

整形したところで年は戻らない。

今、この瞬間悲しんでいるなんて、もったいなすぎる。

そして、浸ることで「かわいそうな自分」に酔っている。

ズボラなチキン
もちろん本当に辛いですよ?
振られてからも、彼に新しい彼女ができてからも、365日以上泣いた私が言うんだから確かです

すんごく引きずった。
タイムマシンあるなら戻って自分に喝を入れたい。

振られて悲しいですよね?
やり直したいですよね?
でも無理なんですよね?
でも諦めれないんですよね?

諦めれないなら、とことん追ってみ

最後、本気で困られるから。でもこれが一番の近道。

困った相手が最後に本気で望みを絶ってきたとき、
初めて失恋女たちは現実を見る。

(名前)
あ。もう二度と戻れないんだ

この現実を中途半端にじゃなくて、
すっごいショックを受ける。

傷つきたくないからって陰でめそめそ引きずってるのは一番時間がかかる(私の経験上)

すっごいショックを受けて、泣いて泣いて泣いて、
そしてすっきりして、 自分の生活が充実しだしたときに、
運命の出会いは訪れる。

今は運命の出会いなんて考えられないでしょう。
今は元カレが一番なんだから。

でも気付いてほしい。
元カレに対する一番のリベンジは、
「幸せになること」だ
って。

最後の目標はこう決めると良い。

「いつか、元カレに、「別れてくれてありがとう」って思える日が来る」と。
今は信じられないかもしれない。
でもいつかこう思える自分が現実化したとしたら、
その時は本当に乗り越えて、幸せな時だ。

【最後の0.01%の望みを絶たれた私】

こんだけ偉そうに言っている私が
最後の望みを絶たれたのは
忘れもしない2017年5月。ゴールデンウィーク真っただ中だった。

大学時代の共通の友人の二次会で再開し、面と向かって

おれ、おとといプロポーズしてん
と言われた。

おとといという新鮮さはもとい、
私はこの瞬間が来ることを何年も前から心の準備をしつつ、恐れていた。

もちろんおめでとうなんて言えるわけないし、思いもしなかった。

帰りの電車で親友にラインし、そのまま夜中に話を延々聞いてもらった。

でも。今となってはあれが良かったと思う。
最後の望みを絶たれた後、立ち直るのは意外と早かった。
自分の時間を充実させ、目標を見つけ、大好きな友達とつるみ、
幸せな日を男なしで送っていた。

結果、もうないだろうと思っていた「運命の出会い」に辿り着いた。

そして、失恋当時、悲しみの中から立てた私の目標は達成された。
「T君、私と別れてくれてありがとう」と。

【元カレを完全にあきらめる方法】まとめ

一言。こてんぱんにふられろ。
以上。

ズボラなチキン

今は苦しい。私は誰よりその辛さを理解してるつもりだ。
私の引きずった相手は実質の初彼だったし、
すごく愛してくれた相手だったから。

共通の友達は20人以上いるから、
社会人になった後も彼の新しい恋愛関係の情報は常に嫌でも入ってきていた。

でもね?
本当に本当に、【終わりは来る】から。
このまま悲しみ続けるなんてもったいないし、
ほんのわずかな復縁を願い続けるのももったいない。

今の辛さを糧にして、素敵な人と幸せになれるから。

だから、辛い中でもこれだけはゴールにしてほしい。
「いつか元カレに、「別れてくれてありがとう」と言えるようになる」ということを。

ズボラなチキンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。