「大恋愛~僕を忘れる君と」第二話レビュー、見どころ、あらすじ



「大恋愛~僕を忘れる君と」第二話放送終わりましたね!

ドはまりしてます、キャリーです。

第二話、すでに泣けます…。これだけ現代医学が発達している中で、脳はまだ未知数な部分が多く、治療法が確立されていないんですね・・・・実際にある病気だからこそ歯がゆいし、想像しただけでぞっとしてしまいます。

まだ見てない人も追いつくにはまだ間に合います!

1話から全部みたいならHuluで!

▼大恋愛の予告動画▼

大恋愛~僕を忘れる君と 第2話あらすじ【ネタバレあり】

https://youtu.be/1b9hlUtYN0U

自転車と衝突する事故にあい、病院に搬送された尚は、MRIを受ける。偶然婚約者の侑市(松岡昌宏)は、尚の脳に軽度の認知障害の予感を感じ取った。

大きなけがもなかったため、思い出したかのように尚は真司(ムロツヨシ)のアパートへと家へと向かう。真司の家でくつろいでいる間に婚約者の侑市から電話があり、翌朝会う約束をする。

翌朝、約束の時間に遅れ、尚が、約束を忘れたまま待ち合わせ場所に指定していた病院のロビーに現れる。軽度の認知障害の予感を感じていた侑市は、その旨を尚に伝え、簡単な認知症テストを実施するが、尚は答えられないものもあり、絶望する。

そのころ尚の母は真司のアパートをこっそり訪ね、手切れ金を真司に渡し消えてくれるよう懇願する。

自分が軽度の認知障害だとわかり、混乱する尚。婚約破断を進めるよう侑市に伝える。そのころ真司は、尚とおしゃれなお店で会う約束をする。

真司は自分の心境の変化【砂漠を一緒に歩きたい】を尚に伝えるが、尚は「結婚することにした」と申し出を断り、店を出る。何かを隠しているとは思いつつも、真司は問い詰められなかった・・・

精密な検査を受けるために認知症検査のための入院をする尚。結果は・・・「若年性アルツハイマー病」の前段階と診断。決定的な治療法は何もないという・・・。落ち込み、真司といったお店で一人飲んだ後、帰路につくが突然自分がどこにいるかわからなくなる。

「助けて」無我夢中で尚が電話をかけたのは真司だった。電話を1秒で応答し、すぐに家を飛び出す真司。2人は無事に再会し、真司の家へ。

ここで初めて尚は、自分が病気であることを明かす。「いずれは電話のかけかたもわからなくなるし、あなたのことも忘れる」と。

➡︎病気であることを聞いた真司の返しが、ツイッターで話題となる神対応なのでチェックしてほしい。

大恋愛~僕を忘れる君と 第二話みどころ「あなたならどうする?」


自分が若年性アルツハイマー病前段階と診断され、婚約の破棄と同時に、初めて出会った大好きな人に嘘をついて別れを告げた尚。

あなたは同じことができますか?どうしますか?私も見ながら必死に考えてみました。自分だったらどうするのか?

若年性アルツハイマー病、本当に恐ろしい病気ですよね。体は元気なのに、自分はだんだん周りのことも忘れ、自分でできることも奪われていく・・・。

つまり、愛する人と残りの時間一緒にいたいと思っていても、自分が自分をコントロールできなくなったり、記憶がなくなったりしたら、結果的に愛する人に多大な迷惑がかかり、傷つけることにもなる・・・。

知らないうちに相手を傷つけることは避けたいにきまってる。でも、 大好きなのに、まだ記憶もはっきりしてるのに、自ら相手の幸せを願って嘘をついて別れられるのか・・・?

素直に言ったところで、相手の負担にもなるだろうし、ビビられてしまうかもしれない。

詳しくは書きませんが、ムロさん演じる真司の神対応。泣けました・・・。

泣けるのに、最後にちょこっと笑いを混ぜてくる。最強の返しです。ずっと幸せでいてほしい…とドラマながらに思ってしまいました。

この真司の「神対応」まじで見どころです!泣けるポイントです!何度でも見れます。

大恋愛~僕を忘れる君と 第二話感想まとめ

大恋愛~僕を忘れる君と 第二話個人的な感想

戸田恵梨香演技うますぎ。そして、ムロさん好きになる・・・。

でも何より、「明日何があるかわからない」だと思った。病気とか元気とかそういうのじゃない。日本に住んでいる以上何が起こっても不思議じゃないし、これから先なんて誰にも見えない。

そんな中で私たちができるのは「今を生きること」。

今、生きれてますか?毎日、充実させられてますか?

ただただドラマに共感したり、感情移入して泣くんじゃなくて、今の健康で生かされている状態に感謝して、1日1日丁寧に生きるべきだと思う。

そういうことまで考えながら見てほしい、イチオシのドラマです。
1話から全部みたいならHuluで!


ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。