【英語の取説】downtownはtoはいらない!?downtownの使い方

街に行くバスはどこですか?と英語で聞く場合、正解なのは次のうちどれ?

実はこれ、go のあとにtoがついていないものが正解なんです。

でもね、ややこしいのが次の場合。

Where is the bus to downtown?

これは正解か否か?

正解なんですよ!!この場合のtoは、場所、方面を意味しているから。

でもgoのあとにくるtoは、downtownにはいらないんです。

イメージとしては、overseasと一緒かな。

I’m going to go to overseas.とは言わないですよね。

I’m going to go overseas.っていいますよね。overseas(海外へ)のニュアンスだから。

この“へ”までdowntownにも入っているイメージです!

この辺、実に英語はtrickyだけど、めげずに練習してみてください!

英語の新しい表現を習得する一番の方法

英語の新しい表現を使い方で覚えるなら、いろんな分に入れて活用してみるのが一番!私たちだって、生まれてから親の話す言葉をとりあえず真似して、あっているものをINPUTして大きくなっているのだから。

だから、downtownを使って、たーんと練習してみましょう!

downtown活用例

How should I go downtown?

Which train goes downtown?

Where is the train to downtown?

I’m going to go downtown.

I’m going to go to the downtown.

↑指定の街の場合、会話の中でどのdowntownかわかっているのならthe がつくこともあります。この場合は、go to the downtownでOK。

英語は私たちの母国語じゃないからこそ、いろんな文章に当てはめてスムーズに言えるまで練習してみましょう!

それでは!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。