【中級~上級向け】大阪で英語を話したい!ミートアップに参加したら想像以上に英語を話せた体験談

meet up 大阪

英会話初中級~上級のみなさん、英語、使ってますか?世間には 「英語が話せない人のため」のコンテンツは多数豊富にありますが、いざある程度話せるようになった人の話す機会というのは、なかなか手軽に提供されていません。

一旦話せるようになった人(中級~上級クラス)代表として言わせていただくならば、「もうお金をかけて習いたいとは思わない」んです。だって、これまでに何らかの方法で時間やお金を投資して得た英語力だから。

でも、世知辛いことに、英語って生き物だから、使わなかったら落ちていく一方なんですよね。ある程度のところでとまるけど、いざ話そうとなったときに出てきにくくなる。

なんとか英会話中級以上のある程度話せるコミュニティーで英語を使えないか検索していたら、一つのミートアッププロジェクトに出会いました。

ミートアップ(Meetup)には以前にも参加したことがあるので、ミートアップって何?って人はこちらの記事をまずはどうぞ。

大阪のミートアップで参加した「おやつ会議」とは

meet up 大阪

面白そうと思い中を見てみると、軽食付きで、日本の一般的なおやつで、どれが一番おいしいかを決める会議が英語で行われるという、不思議なイベントだった。

持ち物は「自分の好きなおやつ」。おやつ好きの私としては、何を持っていくか困るくらいで、まったく問題はないし、ハードルも低い。

オーガナイザーはフォロワーも100人以上いるし、信頼できそうと思ったので、予約することにした。

軽食、1ドリンク付きでなんと1800円。どうやらゲストハウスのバーのようなところで開催されるらしい。

場所は中崎町。梅田からも歩いて行けるし、何も困らなかった。

大阪のミートアップで、初めて日本人と英語で話せた

meet up 大阪

私のミートアップ体験なんて数回なので初めてというのはおこがましいかもしれないが、 初めて日本人同士でもちゃんと英語が話せた。だいたい日本人同士になるとどうしても照れ臭かったり、エラーを出したくなかった利で日本語で話しがち。

でも、お互いやりたいことは明確なのだ 「英語が話したい!英語を話す機会が欲しい!でも学びたいわけじゃない」

英語で「何か」をするプロジェクトだったからだろうか。オーガナイザーの統率力だろうか。自然とみんな英語で自分のよく知っているお菓子を紹介したり紹介されたりしている。

お菓子を紹介する英語が分からない人のために、ヒントのフレーズも用意されていた。時にはそれを使いながら、みんな自分の好きなお菓子を紹介していく。

大阪ミートアップ

英語で「何か」、今回だったら「おやつを紹介する」というミッションがあったので、いつもの英会話という感じではなく、非常に新鮮だった。

実際のイベントの流れ

meet up 大阪

7時頃に行くと、おいしそうな食事が並べられていた。これ、軽食の範囲なん!?と思ったほどに。実際色々な具材を巻き寿司にして自由に食べれるし、お好み焼きもから揚げもあるし、大満足の内容。

気を付けないといけないのは、食べ過ぎたらおやつ会議に響くってことだけ。

各々自由に、フードを取り、ドリンクをオーダーしに行く。ドリンク用にはワンドリンクチケットが配布された。これがすべて込みで1800円とは本当に安い。

そして、オーガーナイザーの経緯をスライドで見ながらご飯を食べる。英語を使ったアクティビティ、プロジェクトをこれまでにも何個も成功させてきているようだった。しかもオーガーナイザー、現役英会話講師だとか。

自己紹介、ご飯タイム

Osaka Meetup

自己紹介をし、時折外国人参加者に向けて通訳もしながら、会はすすむ。みんな食べることに夢中になってしまうので、途中で「日本語を教える練習をしよう」というコーナーがあった。

日本語を教える練習コーナー

「めっちゃ好きやねん」を外国人に言ってもらうように、説明して、パターン練習をしていく。「たこやきめっちゃ好きやねん」とか「うなぎめっちゃ好きやねん」とか。上手に教える人、照れ笑いする人色々いてムードは和やかだった。

いよいよおやつ会議

食べ終わったらおやつ会議。各々が持ちよったお菓子を開け、テイスティングしてもらいながら、なぜ好きか、なんでおいしいか、どう食べるのがおすすめかなどを伝えていく。

実際に最後には投票があり、おやつ人気No.1が決まる!私が予想したチョコパイは2位どまりだった。イカ天も大健闘!ただ1位は、ちょいと贅沢なお菓子、「幸せのほっぺ」!誰も否定できない!

最後はFunmacのメインキャラクター、おすしとフォトセッション

Osaka Meetup

なんと、実際にメインキャラクターのおすしが出てきてくれて、フォトセッションタイムが設けられるのです!さらに驚くべきは、この 着ぐるみも被り物もすべて、オーガナイザーの手作りだそう!いかに楽しい人か想像できますね。

英語を話したい人に、英語で「何か」をする場を提供したい、と強く思うオーガナイザーのイベントなので、今後もかなり期待できそう。私も英語をもう「学ぶ」ステージにはいないけど(いないと思ってるだけ?)、英語で「何か」をしつつ話す環境にいたいので、今後も参加しようと思います!

Meetupは英語を「習う」じゃなくて「使いたい」人に最強のツール

英会話に通うのとは違って、四苦八苦することもあると思いますが、リアルに英語を使える場を見つけることができるのがこのMeetupです。集まるのは英語を話したい人ばかりなので、お友達ができる可能性も大。

無料で登録できるので、登録していろいろなイベントをチェックしてみるのをお勧めします。

そして、今回私が参加した「おやつ会議」を主催したFunmacさんの公式ホームページがこちら

オーガナイザーさんは英会話講師歴も長く、沖永良部島で独自に作ったレッスンとともに海辺のビーチクリーニングプロジェクトも最近開催したそう。英語でお料理教室もやってるらしく、やってみたい人は参加もできるみたいなので、詳しくはホームページを見てみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。