焦って勉強は非効率!未経験プログラミング学習者の反省と警告【ウェブカツ】

ウェブカツプログラミング学習

初心者でプログラミング学習をしておりますキャリーです。

プログラミング学習・・・最初は、動画通りにコードを書いていってワクワクしてました。「お!できた!?」「あれ!?なんで表示されないの!?」そんなことにも振り回されながら。

現在の私のプログラミング事情のことを簡単に解説すると、ウェブカツのHTML CSS上級部に来ているわけなのですが、私は開発グループにも応募し、始動し始めたところなのです。

一見、ある程度の工程が済んでいるように見えるのですが、実に甘かった。今日は、その反省とこれからのプログラミング学習者さんへ、同じことをしないよう警告です。

プログラミング学習は【INPUT】×【OUTPUT】×1

programming

なんの話や!?と思うでしょう。何が言いたいかって、プログラミング学習は、INPUT(技術をみたり聞いたり写経したりすること)とOUTPUT(ロジックを理解し、自分で似たようなものを一からプログラミングしてみること)をしてはじめて習得しだす、というイメージ。

私の実体験ですが、私はプログラミング学習において、ウェブカツというプログラミングスクールで学んでいます。もともとこのスクールはアウトプットの大切さを常に謳っており、習う内容に関しても、完璧な答えを出さず、自分で解決するようなフェーズも設けている実務に入った時に役立つ仕組みの整ったスクールです。

もちろん、そのスクールでの学習時にも「あれ!?なんで動かないの!?」と悩んだことは1週間や2週間ではないです。自分でも頑張ったと思います。

その気づきは例えば一つ{ がたりなかったり、「;」を忘れていたりとうっかりミスがほとんど。それを発見することで私は 「プログラミングがだんだんわかるようになってきた」と錯覚に陥っていました。開発に携わるまでは。

でも実際開発グループに入り、自分の担当する箇所を作ろうと何度も手を動かすも、動かないんです。画面が。そこで初めて、自分がいかにアウトプットせずインプットだけで駆け抜けてきたかを思い知らされました。

理由は一つ「早く先に進みたいから」。

こんな人は多いと思います。学費だってバカにならないし、早く身につけて仕事にもしたいし・・・。そこで復習やアウトプットに当てるべく時間を、次の項目を学ぶ時間に当ててしまいました。

次のテーマ、 次のテーマと学んでみたい好奇心が勝ち、復習を怠った結果、とっくに習っているはずの簡単なコーディングが一人でできないのです。

とにかく次へとINPUT学習を進めていくことは、実は非効率

oh, no

一旦習ってからも時間が経っているため、習ったすぐ後にアウトプットするよりもはるかに時間がかかります。結局、 急いで進むことは、「習得する」には非常に非効率なのです。

一見「時間がかかってもったいない」と思われそうな、「1言語のトピックに対して1アウトプット」は、実は非常に理にかなっています。

実際今、半泣きになりながら自分の担当の箇所のコーディングを復習しつつ書いてみて、少しずつですが理解できる箇所も増えてきました。

「わかった気になる」だけではダメだし「真似して書いて終わり」もダメなのです。もちろんそれでも凡ミスで動かず苦労したり、直せて感動したりもするのですが。

だから独学でするにしろプログラミングスクールに通うにしろ、「焦らずに」着実にINPUTとOUTPUTをセットで進めていくことを強くお勧めします。

私はプログラミングスクールのウェブカツで女性割引を適用させていただき勉強しております。自分が通っているからとかではなく、ここでは沢山の実務につながるスキルを教えてくれるので、入ってよかったと思っています。

これからプログラミング学習する人、ならびに独学に限界を感じた人は、ウェブカツの無料体験を受けてみてもいいと思います!(アフィリエイトじゃないので身構えないでくださいね)。

そして、私と同じ失敗をしないことを祈っております!着実に!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。