プログラミング未経験30女のウェブカツでの初月1か月の学習記

4月6日にプログラミングオンライン塾ウェブカツに本入部してから早1か月がたとうとしています。私はプログラミング学習経験がなく、ほかのスクールに通ったこともありません。

何故私がプログラミング学習をしようかと思ったのかはこちら▼

無料でも勉強ができる昨今、わざわざ毎月お金をかけてやるからには、本当にモノにしたいと本気で思っています。とはいいつつも、私はしがない会社の事務員。ブラック企業に変貌しつつある会社に勤めており、残業多め、もともとプライベートの予定も多めの人間です。

でもきっと、というか確実に、忙しいのは私だけではありません。そんな多忙な人で、1か月の学習でどれくらいいけたのか、振り返っていきたいと思います。

プログラミング未経験の目線から説明!HTMLとは

HTMLといえばネットの見えている部分の構造をつくる一番基本的なところですね。厳密にはプログラミングに入らないらしい(?)ですが。どの文字コードで表示するかとか、この段落は一つの塊なんだよとか、いろいろ基本を作る大事な言語。

1からだと、本当に知らないことだらけ。でも、やはりスクールはうまいなと思うのは、動画を真似しながら同じことをすれば全くの未経験でもできるわけなんですよ。おんなじ物が。

でも、「じゃあ一から自分で書いてみて」って言われたらできない。覚えてないんです。できた気になってるだけで。

例えば、HTMLはプログラミングの装飾の言語(CSS)や動きを付ける言語(JavaScript、JQueryなど)とも密接にかかわってきます。要は、ほかの言語で指示を出す時に、元になるのはHTMLなんです。

となると、HTMLでいろいろ、「指示が出せるような状態」にしないといけない。ウェブサイトを作るうえで<h1>タグというのがあるのですが、これも、例えば一番最初の<h1>タグだけを緑色にしようと思っても、HTMLがちゃんと識別させてなかったら、CSS(サイトを装飾する言語)が優秀でも支持は通らずに、文字は黒いままなんですよね・・・。

未経験からウェブカツでのHTML成果

最初は、HTMLでの書き出しの

<!DOCTYPE html>

<html lang=”ja”>

<head>

<meta charset=”utf-8″>

なんていう基本中の基本も、お手本がないと書けなかったんですが、今は基本のところは書けるようになりました(はず)。

ウェブカツのCSS,JavaScriptの初級コースも勉強したおかげで、なぜHTMLにClass属性をつけなきゃいけないか、とかも理解ができました。(まっだまだですが)

一応こんなものまでは、見ずに書けるようになりました。

<!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”utf-8″>
<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=”style.css”>
<title>ウェブカツブログ</title>
</head>
<body>
<h2 =”webukatu”>ウェブカツってどんな感じ?</h2>
<div class=”summary”>
<div class=”detail detail1″>
ウェブカツは、初心者からプロのエンジニアまで通うオンラインスクールです。
</div>
<div class=”detail detail2″>
ウェブカツにはなんと、女性割引があり、通常の半額!入会金もなし!女性エンジニア排出を応援します
</div>
</div>

プログラミングを見たことがない人だと「なんじゃこりゃああ!」となりますが、これが空で書けるようには、こんなド文系の私でもなれます(笑)

HTMLとCSS使えたら、とりあえず見た目は操れる

CSSという装飾のプログラミングができたら、とりあえずウェブページの見た目は完成できます!

ただこれを使いこなすというところまでは、今の段階ではまだまだ・・・。

でも、同じウェブカツ生でも、私と違って、もっとプログラミング勉強に時間をしっかり割いている人もいます。そんな人は、1か月で、PHPも、ネットワークサーバー部も終了している人もいますし、自分のポートフォリオをすでに作っている人もいます。

ここで一部、ウェブカツ生の進捗Twitterを紹介しておきます。それぞれ、DAY何日目なのか、何時間勉強したのか目で見てわかるので、すごく刺激になります。独学だったら私はもたないかもしれません…。

 

次回のウェブカツ学習記録目標:ポートフォリオ公開

次の報告ブログでは、私もなんとか動きのプログラミングはなくてもポートフォリオは完成させておきたいです。。。

パソコンが苦手、でもスキルが欲しいという方、一度、プログラミングに足を踏み入れてみるのもいいかもしれません。

プログラミングはパソコンが苦手というより、誰もが同じスタートラインなので。

▼ウェブカツのサイトをのぞいてみる▼

 

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。