【stop ~ing/ stop to不定詞の違い】~ドラマ英会話から学ぶ~ Sex and The City Season 1 エピソード6より

こんにちは!CarriEです♪

していることを止めるよう言うStop ~ing Stop to動詞との違いは?

例えば”Stop blamig yourself”は、「自分を責めるのやめなよ」という意味です。

ではこれは、”Stop to blame yourself”と言い換えられるのか?

答えはNOです。違いを見ていきましょう。

Stop ~ingのingは動名詞 日本語に訳すと「~していること」

「責めていること(blaming)」を止めるという意味になりますよね。

では、Stop to不定詞はどうなのか?

to 不定詞は「~するために/ ~するための/~すること」

確かに「~すること」という意味もありますよ?不定詞には。

例えばI like to sing. (私は歌うことが好き)という表現は正しいです。

ただ、Stop とto 不定詞の場合は「~すること」ではなく「~するために」になるというだけ。

これはもう覚えるしかありません。

ズボラなチキン
ノートにメモるのも大事だけど、使いまくって覚えるほうが早いよ

今回のフレーズの元はSEX AND THE CITY Season 1 Episode 4の6

Stop -ing を含む英会話が出てきたのがこちら▼

C: What’s too quick is sleeping with him on the first date. That’s too quick.

早すぎるのは初デートで寝た私よ

M: You both got excited and you went for it. Stop blaming yourself.

自分を責めなくても

C: No, I don’t blame myself, I blame the dress, the dress.

ドレスを責めてるの

The dress led me on, it had a life of its own.

あれで火が付いたの

引用ーSEX AND THE CITY Season 1 Episode 6より

つまり、もしこのままミランダの

 

 

 

「Stop blaming yourself」を、不定詞で治そうとしたら

Stop to blame yourself. [自分を責めるために止めなよ」になってしまいます!

 

照り子
意味全然違うでしょ!?この例文で覚えちゃいましょう!

 

to不定詞が「ために」であり、「Stop to blame yourself」が明らかに変な訳になるので、

これだけ覚えていれば後は応用が利きます!

ズボラなチキン
Stop being afraid of making mistakes! (ミスすることを恐れるな)

Stop to be afraid of making mistakes (ミスを恐れるためにやめろ)とはならないよね

英語で恋愛トークできたら楽しいですよね?

英会話上達には、アメリカドラマを観てマネしまくれ!

マネしまくればいつの間にか話せるようになる!セックスアンドザシティは、日常会話の宝庫!今なら、アマゾンプライムで見放題だよ♪

今なら1か月無料でアマゾンプライム全ての機能がお試しできる!!

ちなみに、ドラマで英会話が話せるようになるための5ステップをまとめた記事はこちら

今日の英会話フレーズを使って練習しよう

今日の英会話例文

※明らかにわかる表現は日本語訳をつけていません。直接英語で考えれるクセをつけましょう。

今日習った箇所は赤字になってます♪

A: Am I that jealousy person you think? I am mature enough to hear that.

(そんなに俺は嫉妬深いと思ってるのか?それくらい聞いたって平気だよ)

B: Stop blaming me. I just wanted us to feel happy today.

(責めるのやめてよ。今日はハッピーに過ごしたかったの)

A: Why?

B: Today’s our anniversary, remember? You forgot it last year.

(今日は記念日でしょ。覚えてんの?去年忘れたもんね)

A: Stop blaming me…

照り子
Guys in the world, don’t forget your anniversary. Your partners do want you to remember the important day.

今日習ったフレーズを入れ替えたり、別の言葉に置き換えたりしても練習になりますよ♪
環境があるならば声に出して感情を入れて読んでみましょう♪

ズボラなチキン
英語は生き物やから、使わなのびひんでー!OUTPUT(話す)ためには、話す環境が必要かもよ?24時間365日チャットで練習できるのはいつでもどこでも英会話エイゴー!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。