プログラミングド初心者のウェブカツ学習記録〜70日目編〜

ウェブカツプログラミング学習

「プログラミングを勉強してる」というと大抵「難しそう!」「すごいね」と褒めてもらえます。

でも実際には、そこまで「難しい」「絶対無理」と思う状況は2ヶ月ほどはなく、割と順調にプログラミング学習を進めておりました。と言っても、ソラで全部書けるか、完全にプログラミングを理解しているかと言われれば全く自信はないのですが。

ですが、来たる3ヶ月目に突入したと同時に、完全に壁にぶち当たりました。

プログラミングど初心者、ウェブカツのWEBサービス部でつまづく

残念ながら現在進行形です泣。本当にね、今誰かに「プログラミングどう?」って聞かれても「楽しいよ」とか、「勉強次第であなたにもできるよ」なんて言えないと思います。(暗くなってごめんなさい)。

一度話を戻すと、ウェブカツは、WEB+部活から来ている名前です。(と理解しております)。いわば、全員習っている人は部員なのです。そして属する部は、言語ごとに違います。

ウェブカツの部活は、始めがHTML CSS部、次がJavaScript,JQuery部、PHP MYSQL部、次にネットワークサーバー部、WEBサービス部、PHPオブジェクト指向部・・・とまだまだそのさきも続きます。

つまり私は今WEBサービス部でつまづいているので、4つの部活はなんとか済んでいるのです。

そこでプログラミングの現実の厳しさを突きつけられたわけであります。

ここで知っておこうウェブカツのプログラミング学習ポリシー

ウェブカツのポリシーとして、「自分で調べる力を身につける」というものがあります。なので、わからないことを「わかりません」と泣きつくのはご法度です。自分で考え、考えてみたことまで伝えた上で教えをこう形です。

ところがどっこい、質問をどうしていいかすらわからないんです。でも、ウェブカツの規則を破るワケにもいかないので(結局自分のためにもならないんで)、ひたすらググって、これかあれかとやってみるものの、全くでした。

これが「ちゃんと理解できてないのに進んでしまった」結果だと思います。でも、ここでなんとかさえできないのであれば、現場で通用するはずもありません。分かってはいるものの、答えが見つからないのはなかなか苦しいです。

答えを簡単にくれない、それでもプログラミングをウェブカツで勉強する理由

今は正直苦しいです、誰かにいっそ今のコードを全部見てもらって、どこで間違っているか教えて欲しいくらいです。落ち込んでます。

でも、ウェブカツの教える幅の広さは一級品です!というのも、私も最初は勇気がいりました。かずきちさんはイケメンですが、(余談)、ツイッターでは結構攻撃的な方ですし。

でも、現役エンジニアも学び直すくらいの内容ですし、これだけ色々言語が学べて、一番高い部員でも月6万ほどとなれば、かなり意義のあるものではないでしょうか。

友人が別のプログラミングスクールの説明を聞きに行ったとのことでしたが、50万ほどと言われ、かつ言語数はウェブカツの比ではなかったようです。

さらに、女性のプログラマーを増やすべく、ウェブカツには女性割引があります。通常の部員の半額以下で受けさせていただいております。

せっかく、頑張れば手を出せる価格で、クオリティの高い授業を受けさせてもらってるので、簡単に諦めるワケにはいかないんです。私はフリーランスに最終的にはなりたいので。

長くなりましたが、次回のウェブカツプログラミング学習記録ブログでは、爽やかに、乗り越えたことをご報告できればと思っております。

では、また!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。