出川イングリッシュから学ぶ英会話のヒント

question

出川イングリッシュといえば、なんともアグレッシブで、無理やり突っ走って意思疎通を図る、ちょっとおもろい英語と思っているのではないでしょうか?

もちろんそうですが、実は出川さんの英語のやり方を見ていると、話せるようになるのに必要なポイントが入っていたりするんです!

え、あの英語から学ぶことはないけど

と思うかもしれませんが、彼は天才です!笑

というわけで今回は出川イングリッシュから学ぶものを紹介したいと思います。

出川イングリッシュから学ぶ英会話のコツ①間違いを恐れない

fight

そんなん当たり前やん!と思うかもしれませんが、 実際多くの日本人が話せないのは、「間違いを恐れすぎている」ということも大いにあるのです。

でもそれも、これまでの日本の英語教育が原因であると言わざるを得ません。テストで間違ったらピンハネ、それ以外に英語を評価する軸なんてほぼないんですから。

だから話せない人の中でも文法完璧な人だっていますからね。英語が「学習」になってるだけで、「ツール、道具」に落とし込めていない、という話。

なので、そもそも一番大事なのは「間違いを恐れない心」。出川さんの場合は「当たればラッキーぐらいの勢いですから、この姿勢を学べば怖いものはないかもしれません。笑

出川イングリッシュから学ぶ英会話のコツ②頭がやわらかい

decision to make

誰もおじさんの頭の固さの話をしているわけではありません。「連想力」がすごいんです。まじで。

科学「Science」という言葉を知らなくても、科学と言えばビーカー、フラスコ、リトマス紙、H2Oなどなど、何か英語でも通じるんじゃないかとどんどん投げかけていきます。メニメニ(many many)をつけてw

メニメニビーカーが通じなければ、H2Oと言ってみたり・・・。本当に不思議なんですけど、最終通じるんですよね。不思議ですが。

出川イングリッシュから学ぶ英会話のコツ③リスニングはやっておけ

english

え?出川リスニングできないやん!って思うかもしれませんが、これは反面教師にして下さい。笑

出川さんはあのキャラの方がテレビ上いいので上達して欲しくないでしょうが、実際はせっかく相手に自分の思いが通じても、帰ってきた言葉があまりにもチンプンカンプンだったら勿体無いですよね。

テレビ上はいいですが、実際はかなり不便です。なので、ある程度聞けるように、やはり発音の練習、リエゾンなどを理解し、練習しておくことをお勧めします。

脳科学的には、自分がいえることは聞こえるらしいので、結局リスニングをあげたかったらある程度発音を頑張るしかないのです。

結論:出川イングリッシュ並みの当たって砕けろ姿勢➕リスニング力=最強

Happy

結局何が言いたいかって、出川さんの英語の「当たって砕けろ精神」、そしてそこに使う「発想転換力、頭の回転」にリスニング力を足したら最強だということです。

日本人は、中学校までが義務教育なので、ほとんどの人が修了してますよね。なので、どんなに成績が悪かった人でも、ある程度なんとなーくカタカナでいうと通じたりするんですよ。

なので、恥ずかしがることをやめることが一番大事です。全くの無知じゃないんだから!

そして、リスニングは、相手の言ってることを聞蹴るようになるのが大事なので、逃げずに頑張りましょう。

おもしろ楽しくリスニングを学びたかったら、こちらからレッスン受けてみてください。(30分1000円、zoom使用)。

この記事の動画版もあります。もしよかったら見てみて下さいね♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。