プログラミング学習の中でもPHPはメンタルを鍛えられる【ウェブカツ】

プログラミング学習って、知らない人からしたら「難しそう」の一言で片づけられますよね。実際に私も勉強してなかったら同じリアクションをしていたと思います。

実際には難しいももちろんそうなんですが、それより 「忍耐」いわば「メンタル」が鍛えられるんです。だってね、タイピングにおいて「;」が一つなかったぐらいで特に支障ないじゃないですか。プログラミングはこれだけで動いてくれないですからね。

おすすめ記事はこちら

PHPがメンタルを鍛えられる理由

疑問

PHPって、要は見た目の部分じゃなくて、実際に動いてもらう部分なんですよ。飲食店に例えるならば、建物がHTML、内装がCSSだったとすれば実際にお店のサービスを動かすキッチン、ホールスタッフって感じです。料理はCSSね。(多分)。

で、その裏側ですが、どういう感じかというのを、よくあるプログラミングエラーを例に出してみたいと思います。

PHPのよ~くあるエラー1:unexpected end of file

じゃあ実際、架空の適当コードですが、そこはどうでもよくて、目視で、このプログラミングのエラー見つけられますか?

undexpected end of file 例

$abc = getUser($dbh, $u_id);

if(!empty($abc)){

$getAbc = $_SESSION[‘u_id’];

echo $getAbc;

else{

echo $err_msg;

header(‘Location:login’);

}

は?て感じですよね。わかります。

でも実際ね、これは動かないんですよ(そもそも適当になんとなく例として出したので一ミリも意味はありません。この理由は、 else{の前に } がないからです。

この場合、こんなエラーが出ます。

PHP Parse error: syntax error, unexpected end of file in /***/**/***/login.php on line 123

要は「え?ファイル終われないよ?いきなり終わりってなんやねん」てことを言われてます。なぜなら終わりを示す} がないから。ってことなんですけどね。

これだけ見たら「ふーん」かもしれないですけど、実際もっとコードは複雑です。 「うわ、こんな初歩的なことで」なんてこと腐るほどあります(私はプログラミングへなちょこですが多分みんなあると思います)。

PHPのよ~くあるエラー2:Undefined index

じゃあ続きましてまた適当に書いた実際には動かないコードで例を示したいと思います。動かない適当な部分は見ないでくださいね。私の言いたいのはそこじゃありません。

もう一度、下記のコードでエラーを目視で探せるかやってみて下さい。まだプログラミング習ってなくてわからない人はふ~んで飛ばしてください。

Undifined index 例

if(isset($abc)){

$getAbc = $_SESSION[‘u_id’];

echo $getAbc;

else{

echo $err_msg;

header(‘Location:login’);

}

そう、これだとこんなエラーで怒られちゃうんです。

Undefined index: abc in /***/****/***.php on line 123

これは、「は?abcって誰?」って怒られてます。ちゃんと礼儀正しく紹介しないといけなかったんですね。

これも本当にプログラミングやってたらよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く出てきます。私も長~~~~~~~~~~~~~~いこと苦しめられたエラーです。いまだに苦しめられます。それはへなちょこだからかもしれないけど。

PHPは、今後のプログラミングの大変さ(地味で忍耐のいる作業)を耐えれるかのテストにもなる

oh, no

要は すんごい細かいたった一つのシンプルなものが抜けててもPHPは動いてはくれません。そのエラーを探すのは画面上でそのまま見て探すのではなくて、php.logというPHPが吐き出してくれるエラーログを読み取って探すことになるんです。

それはそれは長い地道な戦いなわけなんですよ。

HTMLやCSSであれば、画面上で「こう修正したらあんたどう動くん?」っていうのを聞けば趣味レーションしてくれる(デベロッパーツール)というのがありますが、PHPさんはそうもいきません。

というわけで、プログラミングの中でもぱっと見の部分ではない分、地味だしメンタルが鍛えられるエラー直しという作業に追われます。

PHPができれば、仕事の幅も将来的に広がる

仕事できる

でもこれができれば、将来的にできることも増えます。WEBサービスだって作れるし、Wordpressとかをやっていきたいなら避けれない部分でもあります。

何を隠そう私も苦手すぎてウェブカツ勉強中に一度逃げたのですが、生徒同士でWEBサービスを作る共同開発というものに携わらせていただき、逃げられずに半泣きで取り組みました。

今までそれを言語化したことはなかったのですが、ようやくほんの少しは「例え」が浮かぶようになったので、今後プログラミングを学ぶ人にPHPが大事な理由をお伝えしてみようと思った次第です。

まだ私は触れるようになったと言っていいレベルかわかりませんが、 プログラミング学習の中で、絶対にやっておいた方がいいとは胸を張って言えます。これで逃げるなら実務も結構しんどいんじゃないかなと。PHPを仕事にする予定がなくても理解しておいて損はないと思います。

プログラミングを勉強しようかなと迷っている人は、無料でプログラミング学習を体験できる「ウェブカツ仮入部」をお勧めしますよ♪私はありがたいことに女性割引で入部させていただいております。(今はもうないのですが)。

ド初心者のプログラミング学習記録のすべてはこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。