プログラミング学習はウェブカツが最強!?メリットとデメリットを考えてみた

programming

ウェブカツ学習歴ほぼ1年3か月の女性割引部員キャリーです。早いものでもう15か月が経とうとしています。最初に言っておきますが私のウェブカツ学習スピードは亀より遅いです。

でもそれにもちゃんと理由があるんです。途中に転職、そして開発案件に携わらせてもらってます。

学習進捗が遅かった理由は転職は慣れない生活での無意識上でのストレスで、睡眠時間が圧倒的に増えたこと(必要になったこと)、開発は本当に作業量が多くて(自分の力がないのが作業時間量を増やしてしまう)、もともとのカリキュラムにまで手が回らない月が多くあった、というところです。

ただもう15か月。そういえばまだウェブカツでのプログラミング学習のメリット、デメリット書いてなかったので、今日は今後学びたい人のためにメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

これまでのプログラミング学習ブログはこちら
プログラミング初心者の学習記録

ウェブカツでのプログラミング学習のメリット

question

プログラミング学習を考えている人に勧めるか?と聞かれたら間違いなくYESです。むしろ、どうしても日々Twitterから情報も得てるので、他のプログラミングスクールのメリットが分からなくさえなっています。

じゃあこの答えに信頼度がなくなるかと言われるとそうでもないと思いますよ。

具体的に何がメリットだと感じたかお話しします。

ウェブカツでのプログラミング学習メリットその1:学べる言語幅が広い

一時期本当にいろいろなプログラミングスクールを探しましたが、ウェブカツは圧倒的に幅が広いと思います。 そもそも、学習スタートする時点ではHTMLとは何か、JavaScriptとは何かなんて分かってるわけないんですよ。ド素人だったらね。

私はプログラミング知識皆無だったので、他のスクールの「この言語やりたい人はこれ」みたいなのが全く分からなかったんです。もちろん「このプログラミング言語ではこういうことができるようになる」みたいなのは調べれば出てくるし多少は書いてあったと思いますが。

そもそもどの言語が向いてるか、好きかなんてやってみないとわからないし。その点ウェブカツは、必要言語に幅広く対応しています。

学べるのは以下の通りです。

ウェブカツレッスン

言語の中でもレベルが分かれてるので、順を追って理解を深めることができます。

ウェブカツでのプログラミング学習メリットその2:実際にプログラミングを仕事にしたときに必要な力が身につく

いわゆるプログラマーとしてデビューしたときに必要であろう知識をたくさん得ることができます。って言ってもまだデビューもしてないのに何が分かるんだという話になりますが、学習時点でそれが分かるくらい学べるんです。

そもそもおそらく 一番大事であろう「リサーチ力」。これが一番大きいでしょう。

プログラミングって、全ての対応法とか対処法とか覚える必要はそんなにないみたいです。個人的見解ですが。となったときに、何が必要かって「その時必要な対処、エラー、コーディングをリサーチする力」なんですよね。

これだけはへなちょこな私でもだいぶ身についた気がします。だって、カリキュラム通り学習してるだけでも死ぬほどリサーチしなきゃいけないから。

というのは、もちろんレッスンはしっかり教えてくれてますが、100%それだけやっててもダメなんです。なんか課題が暗に出てくるんです。

「スクールなんだから全部教えてよおおお」なんて思うこともありましたが、実際にデビューしたら教えてくれるなんて期待してたら使えない人間ですよね。いかに自分で調べ答えに行きつくか、というのをスクールの間から鍛えられることになります。

その他にも上記の学習カリキュラムに載っていた通り、プログラミング以外の必要知識も教えてくれるんです。個人の営業方法だとか、起業だとか。こんなスクールは他にはないんじゃないかなと思います。

ウェブカツでのプログラミング学習メリットその3:生徒同士の共同開発に携われる

冒頭で共同開発に携わらせてもらっていることでカリキュラムをなかなか進めないと書きました。それはその通りなんです。そしてはっきり言って共同開発って死ぬほど大変です。ごめんなさい。関西人なので言葉が大げさかもしれませんが、リアルに本当に大変です。

でも、 この共同開発をするだけでもウェブカツに入ってよかったんじゃないかなって思えます。それくらい、他では経験できない貴重な経験です。

まったくもってド素人、スクールの中でも絶対優秀な生徒とは程遠い私でしたが、何とか今開発は終盤です。ここに来るまでに、主にPHPのスキルは比べ物にならないくらい得ることができました(いや、出来なさ過ぎてめちゃめちゃ助けてもらったんですけどね。入った頃に比べたら成長してると自画自賛させてください)。

最初に伝えた通り私はウェブカツ入部してから転職してます。共同開発始めたころは転職したてでした。なので時間の確保もしんどいし、体力的にもしんどかったけど、なんとか共同開発だけは放り出さずに来ることができました。だから、「忙しい」と思ってるあなたも、自分次第のスケジューリングで、参加することはおそらく可能ですよ。よほどブラック企業ならわかりませんが。

共同開発についてはこちらの記事をどうぞ。

ウェブカツでのプログラミング学習デメリット

one

メリットだけでも胡散臭いし、本当にデメリットがないかもう一度考えてみたら、ありました!私はこれだけです!!本当にこれだけ!それは「休会・再入会制度がない」ことです。

本当にどうしようもないくらい時間取りにくい時期もあって、でも月謝は発生しちゃうし、休会出来たらどれだけ有難いだろうとは何度か思いました。

休会ができないので、勉強できていない月も普通に月謝を払わないといけないんですよね。当然のことながら。まあそもそも時間確保できない私が悪いんでしょうが。

そして同じ類で、再入会ができないのも辛いなと思いました。諦めたくなってその場で諦めても、何年後かに「やっぱりやろう」みたいなことはできないんです。まあ再入会できてしまえば、休会と同じく自分に甘えてしまうからなのかな?と思いましたが。

とにかく プログラミング学習はまずは時間確保が大事。なので、時間確保できない月に休めないというのだけはしんどかったです。

まあ朝活するなり、プライベート遊ばないなリ、いろんな対処法はあるので、あとはどれだけコミットできるかだと思いますけどね。

メリットもデメリットも踏まえたうえで、もう一度スタート地点に戻ってもきっとウェブカツを選ぶ

パソコン

以上メリットデメリットお伝えしましたが、以上を踏まえたうえでも、しんどいと分かっていても、100%教えてくれなくても、プログラミング学習をタイムスリップして学びなおすとしても私はウェブカツ選ぶと思います。

それくらい、本当に力つけたいならおすすめなスクールです。

私も最初は無料体験入部やってみて、「おもしろい」と思って始めたので、まずは体験してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。