「時差出勤」は英語で?【例文多数あり】

時差出勤を英語で何という?

この1年で「時差出勤」「テレワーク」という言葉をよく聞くようになりましたよね。

でも時差出勤ってあんまりどこ探してもいいのがなかったので、

今回は「時差出勤」の英語フレーズを例文付きで徹底解説いたします。

時差出勤は英語で?

時差出勤 英語

さて、時差出勤を英語にするには、日本語と同じく、単語を組み合わせるしかありません。

日本語は「時差+出勤」で成り立ってますよね。

英語の場合は「ずらされた+働く時間」で成り立ちます。

「ずらす」の意味を持つのが、動詞の”stagger”です。

stagger 

something to arrange for events that would normally happen at the same time to start or happen at different times.

従来同じタイミングで行うものを違う時間に調整する

参照:Oxford英英辞書

なので英語は”staggered working hours”を使います。

でもこれだけだと「ずらされた時間」という意味だけなんですよね。

なので、実際に文章で使う時を見てみましょう。

時差出勤例文

work

実際に例文を見てみましょう。例文からインプットして使えるようにするのが英語学習の近道ですからね!

私の会社はついに時差出勤を導入しました

My company has adopted staggered working hours finally.

adopt→受け入れる
政府は企業に時差出勤を推奨している

The government encourages companies to adopt staggered working hours.

encourage→奨励する
来月から時差出勤をする予定だ

I’m going to work staggered hours from next month.

すでに「work=働く」が入ってるから、staggered hoursだけで表現します

習った英語はアウトプットせよ

習った英語をそのまま放置していては、知識だけになってしまいます。TOEICの点が高いのに英語が話せない人はアウトプットしていないのが原因です。

誰もが生まれた時から言語を話せたわけじゃないんです。何度も間違いながら上達してきたはずなんです。

私のおすすめはスパトレです!自由なフリートークもあるし、充実した教材の中から選んで指摘も受けながら学ぶこともできます。

予約が取りにくいなんてこともありません。IELTS対策などもあるので、スピーキングを伸ばしたい人にはもってこいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。