現役英会話講師、スパトレ始めました【初めてのレッスン編】

スパトレ口コミ


こんにちは、現役英会話講師でTOEIC910のキャリーです(遠い昔に取りました、昔取った杵柄)。

実は私、オンライン英会話のスパトレを受けています。オンライン英会話って、あまりにも数あるから、正直なところ「どれも一緒?」「安いだけで伸びないんでしょ?」って思ったりしません?

私もそう思ってました。だいたい20分くらい自由に話して、はいお疲れさまでした~って感じで終わる、みたいな。

でも、スパトレは違ったんです。なんたって 「事前課題」があるんです!のりで今から受けよ~♪みたいな気楽に受けたら多分恥かきます(笑)。

てなわけで、初めてレッスンを受けたので、その様子をレビューしたいと思います!

スパトレのレッスンとは

English training

スパトレでは、まずは レッスンを受けたかったら実力テストを受ける仕組みになってます。その実力テストは、大きく分けるとリスニング、語彙力チェック、スピーキング、リーディングのテストです。

そのテストを受けると約1日以内に、 自分の実力結果とともに、何が足りないか、何をどの教材でどう伸ばしていけばいいかというフィードバックレポートがもらえます。

そして、その結果に基づき、おすすめされたレッスンを選んで取っていくような感じです。

スパトレは業界最安値なのにただの「会話」のスクールではなく、英語の伸びを目的としたプログラムが組まれています。

7日間お試しが無料でできるので、まずは試してみたら?

今回受けたスパトレのレッスン

今回私が受けたレッスンは「テラスハウス」がテーマのものでした。と言ってもあの今回の話題の事件とは全く関係ありませんでしたが。

レッスンを予約する前に、課題の文章も読むことができるので、自分に合ったレッスンをギャップなく選ぶことができます。「こんなの興味あるな」とか、「これはあんまり知らないな」とか知ったうえで予約、事前学習することができるんです。

私がおすすめされたレッスンの中の1つがテラスハウスだったので、話題もあったし知っておこうとこちらのレッスンにしました。

スパトレではどのレッスンも事前課題があるようです。超初心者の教材も確認しましたが、英語がわからなくても受けられるように日本語訳でフォローがあったので、超初心者も勇気をもって飛び込むことをお勧めします。(不安な人は日本人スタッフのサポートも受けられるみたいです。)

スパトレ事前課題

テスト

スパトレはそれぞれのレッスンを受ける前に事前課題があります。ディスカッションのようなレッスンだと、事前にスクリプトを書いて提出するようなものもあるようです。

提出はマストではないですが、しておけばそれをネイティブが確認してくれるので、より有意義に的確なアドバイスのもとレッスンを勧められるんだと思います。またディスカッションレッスン受けてレポートしたいと思います。

今回の事前課題では単語数約600語ぐらいの記事のURLを渡されるので、それをしっかり読んでおきました。知らない単語は私は軽く調べておくほうがいいです。

初のスパトレレッスン!

question

さあ、時間ちょっきりにトレーナーからスカイプで電話がかかってきます。挨拶をしたらすぐに言われたのが、このセリフ。

I’m sure you’ve already read the article.

(課題の記事は読んできたよね

なめてかかったらだめですよ!笑。

もちろんちゃんと読んできたので何の問題もありませんでしたが。そしてレッスンの今日の流れを説明され、さっそくいろいろな質問が飛んできます。

1.簡単なディスカッション

最初は記事の内容というより、その記事の内容にあった普通の一般の会話をします。(例えば、これを聞いたら何を浮かべる?みたいな。記事の内容を聞かれるわけではありません)。

2.知らない単語の意味の確認

一般的な会話をした後に、記事の知らない単語について聞かれます。私も事前に調べてはいたものの、説明できるレベルじゃなかったので正直にわからない単語として伝えました。

すると、発音の仕方もそうですし、類義語も英語で送ってくれます。時には例文も。電波の関係で多少聞き取りにくいことがあっても大丈夫。例文を言ってくれ、それをさらにSkypeのチャットボックスで送ってくれます。

今日の全く聞いたことがなかった単語例

shenanigans : secret or dishonest activity or maneuvering

(悪ふざけする)

そして、それがフォーマルで使えるのか、インフォーマル(カジュアルな会話)で使えるのかも教えてくれます。丁寧です。

記事についての問題

単語がわかったら、記事の中身から質問が出されます。答えもちゃんと、一文で!だからちゃんと読んで理解し、自分の中で要約できるくらいにしておかないと、ここで時間を取っちゃう気がします。

私もちゃんと予習したはずなのに、全部スムーズに答えれたわけではありませんでした・・・。しっかり把握してればしてるほど、25分間のレッスンを有効活用できるので、ただ受けるよりもちゃんと予復習しておくことを強くお勧めします。

記事の要約

さあ、記事を理解していれば、日本語でなら要約は普通にできますよね。英語でも同じのはず。でも安心してください。まず最初に、インストラクターがお手本を見せてくれます。

もちろん完全に真似するわけにはいかないのですが、「こうやってまとめるのか」とは学んで準備ができるはず。そして自分の中で整ったら、自分の要約を発表します。

私の場合今回はここでタイムアップでした。要約する前に少し時間もらっちゃったし、単語も自分で予習できたことなので、その辺が今回の反省点ですね。

初のスパトレレッスンのフィードバック

スパトレのいいところは、 レッスンが終わるとレッスンレポートが貰えるんですよね。よかったとこ、改善点もがっつり書いてあります。今回は、話すときの文法的エラーはほぼゼロだと褒められました♪が、同じような言葉を重ねてしまったり、代名詞を使い過ぎていたりという傾向があると書かれてました。がビーン。

という感じで、一応嫌味というか参考までにTOEIC900取ってても、レッスンの受けがいがあるってことです。 通常のオンラインレッスンとは違い、フィードバック、予習、復習が必要なところも英語の伸びにつながるポイントですね。

スパトレレッスン後

初レッスンは予習だけでよかったですが、今後は復習も必要になります。というのも、 フィードバックレポートにはちゃんと「今日習った単語」が報告されていて、次回テストがあるというのです!先生が毎回違っても、これは逃れられないので、それだけしっかりと引き継ぎがされてるんですね。

そして復習の時は、その日受けたレッスンのビデオが見れます!というのも、終わった直後にレッスンビデオを送ってくれるんです。(自分のひどい顔を見ないためには、お化粧して受けた方がいいですね←反省点)。

スパトレは業界最安値なのにただの「会話」のスクールではなく、英語の伸びを目的としたプログラムが組まれています。

7日間お試しが無料でできるので、実力テストだけでも受けてみたら?

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。