サーファー彼氏と付き合うのは至難の業!?絶対に心得ておくべきこと3つ

「サーフィンする彼氏とかかっこいいなあ」なんて周りから言われたりしませんか?

でも実際、外から見たら「サーフィンできる彼氏はかっこいい」のかもしれませんが、純粋にサーフィンが好きすぎるが故、なかなか付き合うのが難しかったり辛かったりするのも事実。

今1年ほど付き合っている彼氏は、まさにサーフィンに夢中。99パーセントの確率で、休みの日はサーフィンに行きます。仕事は多忙。休みも合わない。あってもサーフィン。

苦労して、時には周りに愚痴りながらも乗り越えてきた1年から分かった【サーファー彼氏との付き合い方、覚えておくべきこと】を徹底解説します。

サーフィン大好き彼氏と付き合うなら日中の【普通のデート】はあきらめよう

サーファー彼氏

いきなり厳しいことを書きました。でもこれが、サーファー彼氏と付き合う上で一番覚悟するべきことです。

普通の日中のデートをあきらめるってどういうこと?

まあ、【普通】なんてそもそも人それぞれですが、観光地や、デートスポットなどを手をつないで回ったりするような日中のTHEデートは期待しない方がいいという事です。

何故日中か?もうお気づきの方もいるかもしれませんが、サーフィンは日が出ているうちにするスポーツなので、夜は基本的にできません。(場所によってはナイトサーフィンもありますが、そこまでするのはまれですし、冬はないはず)。

だから夜の映画デートや、夜景を見に行く、おいしいものを食べに行くデートなら連れて行ってくれるかもしれませんが、サーフィンができる波を差し置いてまでどこかに連れて行ってもらうというのは、諦めた方が長く付き合う上で無難です。

なんで?サーフィンを優先させてあげた方がいい理由

サーファー彼氏

サーフィンって、波次第のスポーツなんです。サッカーや野球、ゴルフのように、ほぼ毎回同じコンディションでできるわけではありません。11回の波は「最初で最後」。同じ波は二度と来ないと言われています。

波が違っても、常にビッグウェーブがあれば毎回楽しめますがそうもいきません。潮の満ち引き、月の満ち欠けも関係してくるくらい、まだまだ奥深く、神秘的な海を舞台にするスポーツ。「今日は全然やったわ」って言う日もザラ。

だから、サーフィン大好きな彼は、【いいナミ】が来ようものなら、多少風邪ひいていようが、行きたくてたまらないんです。

この気持ちをある程度理解してあげれば、あなたは突然【スーパー理解のあるいい彼女】に昇格することができます。だって、普通の女の子なら、普通のデートもしたいし、「私とサーフィンどっちが大事なん」ともなりかねません。

それをぐっとこらえて「お、良い波なんやいってらっしゃい」って笑顔で送り出してくれたら、「この彼女、今までと違う」って高~い確率でなりますよ!!この「サーフィン好きすぎる彼氏」のデメリットでありメリットなんです。

スーパーいい彼女になれば、簡単に手放したいとも思われないし、「長いこと付き合っていきたい」大切な存在になること間違いなしです。(きっと波の次に大切にはなれるはず泣)

基本的にサーファーは海までの移動時間が長く、車持ちがほとんど。引きこもるタイプではないので、夜は思う存分連れ回してもきっと普段の罪悪感(海しかいかないから)から、応えてくれるでしょう。

彼がサーフィンに行く間も一緒にいたい!なら付き添おう!でも、期待はNG

サーファー彼氏とデート

サーフィンに笑顔で送り出すのも良いですが、行き先は海と景色もいいため、あなたが乗り気ならついていくのもアリです。

ビーチには、付き添いであろう女の人は結構います。笑

ただし、ここでも注意しないといけないことが。それは、【期待はNGであること。

「付いてきたんだから構ってくれるだろう」なんて甘いです!何度も言いますが、残念ながら 海を目の前に、海よりもあなたに構うことなんてありません。

せいぜい一緒に入れるのは、行き道、帰り道の車の中(ドライブデートと思いましょう)、目的地付近でのランチ、帰りのディナーくらいです。

思いやりのあるサーファー彼氏なら、ご飯は海の近くの美味しいものを食べさせてくれるはず!(待たせますからね)

では、気持ちよくついていって仲良く一緒の時間を過ごすにはどうしたらいいでしょう?

3パターンあると思うので、それぞれ紹介しますね。

彼氏のサーフィンについていって自分も楽しむ方法その①待ってる間の時間を楽しめるものを持ち込む

彼氏がドはまり中のサーファーの場合、車移動以外はないはずなので、 車の中であなたが楽しめるものを持ち込みます。海を感じながらお昼寝したいならブランケットでもいいし、写真を楽しみたいならカメラ。

そして、ゴロゴロとドラマやYoutubeを楽しみたいならそれ用の用意をもっていきましょう。

私が持ち込んで楽しんでいた具体的なものはこちら。

彼氏のサーフィン中のお楽しみリスト
  1. Amazonプライムビデオ(月額400円)で好きな海外ドラマを見まくる
  2. ランサーズ(Lancers)で副業をする(必要なもの:パソコンとネット環境)
  3. 自転車を持ち込んで海辺を走る
  4. 彼氏の車を借りて近くのカフェでお茶タイム
  5. インスタ更新
  1. Amazonプライムビデオ(月額400円)で好きな海外ドラマを見まくる

実際ね、よっぽど長い時間入っている場合をのぞいたら、ドラマ2・3本なんてあっという間ですよ!「え、もうちょっと一人の時間満喫したかったのに」なんて私はよくあります。

1年契約にすれば、月額はたったの325円(税別)。写真も無制限で預けられるアマゾンプライムフォトがあってめちゃくちゃ便利なので、かれこれ3年、手放せないんです笑

アマゾンプライム会員はこちら▼

2.ランサーズ(Lancers)で副業をする(必要なもの:パソコンとネット環境)

ランサーズって、本当にいろいろな案件があって面白いですよ!「使ったことある商品のレビュー200文字」とか、「恋愛アプリを使った体験談(500文字)」とか、本当に口コミ1件何十円単位からあったり。英語が得意なら、翻訳案件も豊富。

待ってる間にお金を生み出す感覚になれば、待ってる時間なんてもはやあっという間で、充実感も半端ないですよ!(実体験)

気になる方はこちらから登録をどうぞ▶ランサーズ(Lancers)に登録してみる

3.自転車を持ち込んで海辺を走る

なんせ、海の近くですからね!どこへ行っても。海っていつも違う顔があって、見てるだけでいやされます。だから天気のいい温かい日なんかは、海辺を走ってみるのもありですよ◎折り畳み自転車なんか持ってたら最強ですね♪

4.彼氏の車を借りて近くのカフェでお茶タイム

せっかくなら自分で運転して海辺近くのカフェ探しをするのもアリ◎田舎の方に行くと、貸し切り状態だったり、穴場スポットだったり見つかりますよ♪

5.インスタ更新

時間つぶしといえば、インスタでしょ♪海の写真の投稿でもいいですが、今までアップしたくてもなあなあで後回しにしていた写真たちを整理してUPするのもありですよ◎これを機会に公開用のインスタアカウントを新たに設定してインスタグラマーをめざしちゃったり◎

普段しないことをするようになると楽しいですよ

彼氏のサーフィンについていって自分も楽しむ方法その②彼氏のサーフィン姿を録画してあげる

surfer boyfriend

大好きでメロメロな状態なら、いくら見ててももしかしたら疲れないかもしれません。そんな場合は、カメラの望遠レンズを買ったり、アクションカメラを買ったりして、彼氏の頑張る姿を録画してみてあげてはどうでしょう。

意外とサーフィンをやりこんでても、自分の波乗りしている姿をしっかり見たことある人って少ないんです。そして、いくら恥ずかしがり屋の彼氏でも、顔が見えるわけではないので(遠いから)、自分のサーフィン姿が見れるのはすごく喜んでくれます。

普段一切写真撮らせてくれないのに、この時だけ「このビデオ頂戴」って言われましたからね(ちょっとおこ)

彼氏のサーフィンについていって自分も楽しむ方法その③自分もサーファーになる

surf date

極論ですよね。でも、その前にやったことありますか?初心者も、初心者コースを受ければ、サポートを受ければだいたい1回目のレッスンで立てるようになります。逆に言うとよほど教えるのがうまい彼氏以外は、初めはレッスン受けた方がいいです。

で、一人で立てるようになったら、一緒に楽しめるじゃないですか。実はこれ、サーファーの男たちの、【彼女もサーファーだったらなあ】という欲望にベストマッチングなんですよね!

実際私も暖かい季節に高知県までついていって一緒にサーフィンしましたが、(私も一応一人で立てます)、教えてくれたり、サーフィン嫌いにならないようにめっちゃフォローしてくれましたよ。笑

サーファーと付き合う上で大切なこと:ほかの人と比べない

couple

周りはおしゃれなデートスポット行ってて、彼女の行きたいところに付き合って…。そうしてくれるサーファーもいるでしょうが、なかなかドはまりしてる人だと難しいでしょう。

そんな時、周りの恋バナや道行くカップル見てると、すっごくうらやましくなるんですよね。でも、ここで自分と他人を比べたら終わり。次にわいてくる感情は「なんで私だけ我慢して!波があれば私なんかいらんやんけこらあああああ」ってなって、誰も得しません。

でももちろん、あなたが我慢しろといっているのではありません。この付き合い方を読んで「え、こんなんイヤ」と思う場合は、早めに今の彼は撤退した方がよさそう。だって「いつか変わってくれるかもしれない」なんてありえないから。

飽きれば別ですが、飽きない場合、サーフィンは生涯スポーツです。飽きるのなんて、波に乗れなくなるよぼよぼな頃かもしれません。

自分の理想と、彼と自分を足した理想。笑顔な未来を思い描けるなら、彼への理解を示し、仲良く歩んでいってくださいね。

▼恋愛関連一覧の記事はこちら▼

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。