ギリホリ?婚活?アラサー女が今後を考えて選択する基準

ギリホリVS婚活

周りは結婚、出産、第2子出産…。20代後半は周りが目まぐるしく変わり始めます。そのたびに「私こんなんでいいのかな」「私も結婚しなきゃ」なんて焦って、悩んで、ふさぎ込んでいませんか?

今筆者は30歳目前。周りの独身友達もみんな、今後の自分の人生について思い悩んでいます。日本は技術は最新でも、考え方はまだまだ保守的。20代後半に差し掛かれば結婚が唯一の正しい道のような言われ方をします。でも、心から愛する相手が今いないのに、結婚に焦るべきなんでしょうか。

平成も終わり、新しい時代に向かう中で、アラサー女の人生を選択する際の考え方を紹介していきたいと思います。

ワーキングホリデーOR婚活?考え方①5年後後悔しない方を選べ

decision to make

残念ながら時間は有限です。人生とまとめればまだまだアラサーにとって人生の先は長いものの、若くて自由度が高く、何かに失敗しても起死回生が強いやすいのは今のうちしかありません。

挑戦に期限があるわけではないですが、出産もワーホリも、年取ってからじゃできません。時は残酷に平等です。どんなに望んでも、誰もプラスで手に入れることはできない。与えられた今を生きるのに後悔のない選択をするにはどうしたらいいのか。

それは「5年後、または3年後でも10年後でもいい。未来の自分が後悔しないか」です。例えば今あなたが30歳で、35歳の時の自分が今の自分の選択をどう思うでしょう?具体的に想像しましょう。パターンを2つ用意します。

パターンA:ワーホリを優先した場合の5年後の自分の考えるべき起こりうるマイナス状況

架空人物A:後悔した子さん(35歳)

後悔さんは、5年前、ワーホリを優先してしまったことを悔やんでいる。仕事がうまくいっておらず、恋愛も鳴かず飛ばずで、 とりあえず日本を逃げ出したかったのがワーホリの動機。とりあえずオーストラリアに1年間行って、その時は楽しかったものの、恋愛はその場だけで終わってしまい、仕方なく帰国した。

その後頑張って正社員の仕事はGETしたが、女性ばかり。出会いもなく、次の6月でついに35歳となってしまう。子供も欲しい後悔さんは、出産のリミットを考えて婚活を優先させなかったことを心から悔やんでいる。

もし、タイムマシンがあってこの光景を見てきたとして、あなたはワーホリを優先するだろうか?もちろん、タイムマシンなんて存在しないし、アラサーでワーホリに行き、そのまま相手を見つけて移住した人だってたくさんいる。

こうなるとは限らないものの、こうなったときに、自分の中でちゃんと「子供を産みたい」「結婚したい」という願望を諦められるだろうか?結婚はあきらめなくてもいいものの、自分が産む子供、というのは、場合によっては一生かなわないかもしれない。

ここまで考えた時に「それだけは絶っっっ対にいやだ」と思うようなら、あなたの優先すべきは婚活かもしれませんね。

一つ考え方としては、たとえワーホリ行かなくて、年齢制限で5年後行けなくて後悔したとしても、最悪お金を払えば、Student Visaという形で学生として渡航し、勉強しながらバイトをすることだってできるし、国を選ばないなら海外転職だってある。

ダメだったらこういうアイデアもアリだなと思うなら、婚活優先したら?

パターンB:結婚できないことを恐れワーホリをあきらめた場合の5年後に起こりうるマイナス状況

架空人物B:結婚のぞみさん(33歳)

結婚さんは、28歳の時、ワーホリ願望が湧き出て、行くか行かないかぎりぎりまで悩んだ。当時は付き合ってる彼氏がいて、でも結婚とはなんとなく違うかな・・・という関係性だったが、別れるにしろ次の婚活をしないと結婚できないかもしれない、という不安がどうしても後を絶たず、年齢制限のあるワーホリをあきらめる決断をした。

今、33歳、既婚。旦那は仕事が遅く、そこまで夫婦関係が順調なわけでもない。30を目前に慌てて結婚してしまったのが本音だ。子供は一人。仕事をしながらのため、会社、家、保育園の行きかえりのみ。

海外に行きたくても、家族総出となるとコストもかかるし、旦那が休みをとれるかもわからない。海外欲は抑え込んだだけだったから、なんであの時1年だけ行って、海外で婚活頑張らなかったんだろうと思う日々。

もしこの状況があなたの5年後だったとして、どう思うだろうか。「結局結婚もして子供もいるならこっちがいい!」と思うのであれば、今から婚活することをお勧めします。

 

まずは気軽に婚活してみる?

▼女性無料だけど本気度高めで行くならwith▼

「そうか、結婚したら自由に海外なんていけないし働くのは無理なんだ」なんて風に思ってこの状況が恐ろしく思うなら、行けるうちに1年飛び込むのもアリだろう。海外に行ったら絶対結婚できないわけでもないし。

ちなみに私の前職の先輩は、ワーホリで27歳くらいの時にオーストラリアで出会った4個上の女性(まさにギリホリ中)の人と恋に落ちて、日本に戻って結婚して翌年子供産んでたよ。

正直なところ何が起こるかわかんないんだから、諦めたくない重要度を天秤にかけるしかないよね。

ワーキングホリデーOR婚活?考え方②何があっても少しの間大丈夫な貯金はある?

money

突然お金の話ですが、大事です。アラサーでワーホリに行く場合、帰ってきてからの転職はもちろん可能ですが、今までのようにスムーズにいかない可能性も視野に入れなければいけません。

なんなら、ワーホリを楽しんで帰ってきて、もしかしたら婚期を完全に逃してしまっているなんてパターンも。自分一人でも生きていける余裕分は蓄えておく方が無難でしょう。

お金のことも考えて不安になってきて、結婚した方がいい!ってなるなら、やっぱり婚活を今すぐ始めるに越したことはないのでは?

まずは気軽に婚活してみる?

▼女性無料だけど本気度高めで行くならwith▼

ワーキングホリデーOR婚活?考え方③婚活・ワーホリ、それぞれ目的は?

goals

そもそもの問題に立ち返りますが、なんで結婚・ワーホリしたいんですか?周りがしてるから?ちょっと海外に逃亡したいから?なんとなく?

そもそも自分がどうしたいか、目的が分かってないならどちらを選んでも結局文句言うんじゃないですか?厳しい言い方をしますが。

それならまずは、自分がなぜ結婚したいか、ワーホリ行きたいか整理した方がいいでしょう。整理していく過程で、どちらの比重が高いかわかれば、選ぶ道は見えるはずです。

結婚したい人は、世間体なのか?子供が欲しいのか?ラブラブな相手が欲しいのか?老後が怖いのか?目的によっては、ワーホリ行ってから婚活したっていいんです。仮に老後が怖いという理由が一番大事なら、老後のパートナーを探す目線に変えたらまだまだ時間はありますから。

ワーホリしたい人は、現実逃避ですか?今しか行けないから一応行っておきたいんですか?海外でパートナーを見つけたいんですか?自分探しですか?現実逃避で行くのも悪くはありませんが、現実逃避してて返ってきた代償が大きかったとしても、悔やんだって元には戻りません。

明確に、理由を持っていくことをお勧めします。

まずは相談

ワーホリのことを聞きたいなら、プロに聞くのが一番♪無料でカウンセリングしてもらえるよ!

両方(結婚・ワーホリ)をかなえたいなら必要なものはただ一つ

one

二兎を追う者は一兎をも得ずなんてことわざがありますが、二兎GETすることだってできるはずです。つまり、どちらかに絞るだけが答えではありません。

これだけ天秤にかけさせておいて、選ばんでいいんかい!って思いますよね。ですが、考えてみてください。なんで一つしかだめなんですかね?

もちろん、 「日本で結婚したい」「絶対に子供が欲しい」もしくは反対に「外国人と結婚したい」なんて願望がはっきりあるならば、今すぐするべきことは明確でしょう。

でも、人生一度きり どっちも楽しみたい、どちらも得たいなら、必要なものはただ一つ、覚悟です。

両方得ないと後悔するなら、死ぬ気で頑張るしかないじゃないですか。ワーホリ行って死ぬ気で婚活するのか、帰ってきてからがむしゃらに婚活するのか、はたまた結婚できてもすぐ子供ができるとは限らないけどその時に耐える精神力はあるのか。それだけです。

実は今回の記事のテーマは、私が悩んでいたことでもあるんです。結婚もしたい、ワーホリも行ってみたい、ただ自分は29歳。

将来後悔しないのがどちらの道なのか?私の場合は子供が欲しいわけではないので、出産タイムリミットはありません。ですが、日本で女性の価値は年齢とともに下がり続けるのが実情。その婚活の恐ろしさを帰国後覚悟できるかどうかというところで今、悩みに悩みまくってます。

行きたい理由は、一度自分の英語力でローカルで働けるかやってみたいというのと、帰国後英会話講師も考えているので多い海外経験はマイナスにはならないかなと判断しているからです。

さらには生きていくすべを身に着けるために、プログラミングの勉強も考え中です。やはりフリーランスに憧れるので。

ワーホリって、1年行かなきゃいけないわけじゃない

abroad

ちなみに結構思い込んでる人が多いんですが、別にVISAが1年取れるからって、1年いなきゃいけないわけじゃないですよ?だからどっちも諦められないなら、半年とか期限決めて、転職の合間に行ってくるのもいいのではないでしょうか?

1年って考えたら婚活遅れをとるイメージもあるかもしれませんが、半年ならどうでしょう?年も変わらないかまあ変わり目でもプラス1歳ですし、何を言っても本気で帰国後結婚相談所とか登録して頑張るなら、結婚できる可能性なんてがっつりあるんですから。

なんでも柔軟に考えたらいいんですよ。婚活だって転職活動だって、健康に生きて、精一杯自分なりにワーホリこなせば、厳しい状況とはいえできます。帰ってきた人はみんなそう言いますからね。

何より今せっかく既婚者の誰もがうらやむ自由を持ってるんだから、もてあまさないように、有効活用してくださいね。

まずは相談

ワーホリのことを聞きたいなら、プロに聞くのが一番♪無料でカウンセリングしてもらえるよ!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。