30女の恋愛術!「男性が誘うべき」は卒業すべき

30女は待つだけじゃだめ

世の中男女平等が進んでるとはいえ、まだまだ残る「男性がデートに誘うべき」というイメージ。

それだけではない。男女平等権利を我々女性は求めつつも心のどこかで「初デートは奢ってくれないと」なんて抜かしている。

それでは男女平等もへったくれもないのに、だ。

さて今日は、 「男性からデートに誘うべき」と思っている三十路女たちに警鐘をならしたい。

最初に断っておくが、これは筆者が実際に周りから説教され、自戒の念も入っていることを知っておいてほしい。

30過ぎ女が待つだけでいいの?

Wait

はっきり言おう。恋愛市場は20代の時とは全然違う。いや、正直いうと恋活、婚活たるものをしていて「20代と大きく違う」なんて実感する面は特にはまだないのだが、これが危険だ。

見た目はまだ変わらない、でも 肩書きは「3●女」。明らかに重みが違う。

世間では35歳までに結婚できなければ相当厳しいというデータもある。

そして、 どんどんいわゆる「いい男」は恋愛市場、ひいては婚活市場から消えていく。

そんな中、20代と同じ戦術で恋愛していていいと思うか?

例えば「ちょっとありだな」と思う男性がいて、その男性があなたを誘わなかったら「もういい!」で切っていいのか?

「アリ」な男は減る一方、掴み取りに行け

Man

そりゃあ20代の頃は「あ、誘われなかったな、相手は私のことなしだったんだな、残念。来週の合コンにかけよう」みたいな感じで、やっぱり出会いの場が広くあった。

マッチングアプリだってちょっと登録すれば何百件の「いいね」。

「アリでも誘ってくれないならもういい!」これでも良かったのである。

でも30代はやはり違う。

先述したとおり「いい男」は日に日に市場から消えていく。そんな中、「アリ」と思えた男性を、受け身で待っているだけでいいのだろうか?

実は 男女ともに「デートは男性から」のイメージがまだ強いため、逆に女性から誘われるとよっぽど「ナシ」な相手でなければ男性は嬉しいらしい。

つまり、誘えばYESを取れる確率は高いのだ。

そう、あなたが「アリ」と思った男性から、だ。

このチャンスを逃して、ただただ受け身で言ってくれる人を待つか?

あなた次第の話である。

待つだけ女を卒業試みた30越え女

Woman

こんなに偉そうに語るのは、つい最近、私も「待つだけ女」を勇気を出して脱し、「アリかな?」と思う男性を自分からデートに誘ったのである。

それはそれはハードルは高かった。相手は友人の紹介で出会った男性。1度目のデートはスマートに男性から誘ってくれた。

ところが2回目。こない。1回目のデートがナシだったのか?

でも、1回目のご飯の間には「ここ行ってみたいね」という話は出ていたというのに。

「奥手?ナシ?待つべき?」悶々と時間が過ぎる。

ひとまわり上の親友に言われる「30過ぎて待ってるだけでいいと思うな。女から誘うのが礼儀だと思え」と。

確かに‘、30代女性とデートするなんて、重たい。結婚をすぐにでもしたい男性ならまだしも、「いい人がいれば」くらいに考えている人は、切羽詰まってなさそうな、若い20代に生きたいものである。

そんな男性が30代女とのデートをし、次を誘ってこなかっただけで「ナシ」と切るにはもったいなすぎるのである。

勇気を出して誘う30越え女

Woman

食事に行ったラインは終わりが見えかけていた。まずい。一度止まったら送りにくい。

意を決してラインを送る。「言ってた〇〇いきましょうよ」と。

そうすると相手は、とんとん拍子に日程の候補をくれ、数通のやり取りで日程まで固まり、予約までしてくれた。

本当に嫌だったら男性はここで

じゃあ予定がわかり次第連絡します

とか言って逃げてくる。ちゃんと逃げ道もあるのだ。

でも、勇気を出して誘ったことで、すんなりと予約までしてくれたのである。

やってみるものだ。

バットは振らなきゃ当たらないとはこのことである(そんなようなフレーズを聞いたことがある気がする)。

男性が誘わないのは、奥手だという可能性も

Man

男性がデートに誘ってこないから「脈なし」とすぐ断定して諦めてしまうのはいささか勿体無い。

ただただいわゆる「草食系」の可能性もあるからだ。

ただでさえアリな人が減るこの年代、自分から掴みに行くしかないのである。

あなたにも経験はないだろうか?

「誘われたら行ってもいいけど、

自分から誘うほどではない」

もし今相手にとってあなたがこの状態なら、諦めるのはもったいないだろう。

待つ恋愛を卒業して、自らいい男を掴みにいけ

date

とにかく30女はデートには少し覚悟がいるのが男の本音。

若い女の方が好きなのが男の本音。

20代の時と同じ態度で待ちぼうけるのはお門違いということだ。

だからといって30過ぎたから終わりと言っているのではない。筆者も30代。必死のパッチである。

そして、周りの先ゆく先輩は、次々と30代でゴールを決めている。不可能なわけではない。ただ、年代にあった、勝率をあげる戦い方を、我々30代は身につけなければ行けないのである(自戒の念もこめて)。

これで今まで「受け身女のビビり女」だった私がきちんといい男性を捕獲(笑)できた暁には、しっかりそのエピソードを元に、また30代女性にカツを入れれるような記事を書こうと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。