汚部屋代表の私が、ミニマリストを目指すために、汚部屋がどれだけ無駄か数字化してみた

小学校の頃から部屋が汚いと怒られ続けた私がようやくミニマリストを目指そうと心から思えたのは、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。”-断捨離からミニマリストへ-」を読んでからだ。
今までにも何度かズボラなりに断捨離の本を読んで、実行してみたりもした。
でも、心から腑に落ちているわけではないので、一時的に綺麗に【隠した】後は、いつも通り堕落した生活を送り、あっという間に汚部屋に戻っていた。

重いお尻を動かすには、自分が腹の底から納得することが第一歩である

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。”-断捨離からミニマリストへ-」は、ズボラで汚部屋を10年以上続けてきた私を変えようとしている(現在進行中)。
断捨離本にはよく、「必要なものだけ」とか「大好きなものに囲まれて」と言う理論が唱えられている。
分かるのはわかるのだが、ずぼらな私はこのフレーズでは動けなかった。
私の重ーい尻を押してくれたのは、やらしい話かとしれないがお金だ。

“一人暮らしの人でも誰でも同居人がいる。同居人の名前は「モノさん」。「モノさん」が座ったり寝るのに使うスペースはハンパなく、人の比じゃない。
(中略)広い家に住みたいのは自分が暮らすためじゃなくモノさんが有意義に暮らすためなのだ。”(要約)
(「ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ-」より)

ぶっちゃけた話、1番人のモチベーションを上げるのはお金では無いだろうか。

勿体無さを数字化するために、自分の家賃から、「モノさん」の家賃を計算してみた

実際どのくらい私は「モノさん」にお金を払っているのだろう。
私の家賃は7畳で67,000円(税込72,360円)。
その家の半分が「モノさん」の居場所だとして計算してみる。
月々の家賃は約10,337円/畳
半分「モノさん」が過ごしてるなら
3.5畳×10,337=36,179円。
2014年の8月から住み始めたので、今現在までをカウントすると43ヶ月家賃を払ったことになる。
と言う事はトータルで「モノさん」の過ごす広さに払ったのは36,179×43ヶ月=1,555,697円。
総額の家賃が3,111,480円だから、およそ半分「モノさん」のためだけに支払っていることになる。
もし更に1畳「モノさん」が広く使っていれば
444,498円/43ヶ月分モノさんに多く使っていることになる。
今の部屋の家賃で計算したが、仮に元から私がモノが少なく、身軽だったら7畳ない部屋を選べただろう
仮に家賃60,000円、(税込64800円)で住めたとしたら、
今より7,560円月々浮く。
ということは、43ヶ月で325,080円浮いてしまうのだ。
MacBookとiPhone Xを買ってもお釣りが返ってくるだろう。

もともと「ぼくたちに、もうモノは必要ない。”-断捨離からミニマリストへ-」では、

「人が立っていたら0.5畳、寝ていたら1畳しか必要ない」

と書かれている。

それほど人はスペースをとらず、「モノさん」が快適に過ごしているということなのだ。

汚部屋の勿体無さを痛感するために、更に無駄な時間を計算してみた

お金だけではなく、誰にでも平等で、二度と帰ってこない貴重な時間にも置き換えて計算してみよう。
家が常に汚い私は、モノを探すのにいつも時間がかかる。
仮に短く見積もったとして、1週間あたり10分モノを探す時間に費やしていたとしよう。(本当はもっとかかっているだろう)
そうなった場合、1週間あたり10分、
43ヶ月で1899分使っていることになる。
1899分とはすなわち31時間。
1日以上ただただモノを探すために使っている。
時間もお金も浪費して、楽だからってそれでいいわけがない。
そもそも本当に楽かと言われれば、モノを探す時はだいたいイライラするし、ストレスが溜まる。

結論:汚部
屋で暮らすことでいいことなんて何もない

お金に置き換えても、時間に置き換えても、居心地に置き換えても、汚部屋で居続けるメリットなんてない。
このことが腑に落ちたので、ズボラで高校時代、部屋が汚すぎて罰としてお小遣いを何ヶ月も止められても改善できなかった私が、ようやく本気で頑張ろうと思えた。
胸を張って言える。私ほどのズボラで出来たのだから、片付け逃げて来た人にもきっとできるはずだ。勇気づけるために、私のひどい部屋の写真を載せておこう(いらない)IMG_0083
恥ずかしくてモザイクかけすぎてしまった。
今日はここまで★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。