ホットペッパー営業はキツイ?元営業マンが向いている人、いない人、するべき人を徹底解説

ホットペッパー営業

ホットペッパービューティーといえば、おそらく今はほとんどの人が聞いたことある媒体ではないだろうか。

1分前までネット予約が可能で、これだけ1種類の媒体が圧倒的なシェアを誇るのも珍しい。そんな、ホットペッパーだが、これだけ売れているのなら、殿様営業でいいのでは?なんて思っている人もいるのではないだろうか。

それだけは誤解しないでほしい。 ホットペッパーの営業は、はっきり言って証券の飛び込みや保険の飛び込みの次にキツイ営業ではないかと思っている。事実、元証券営業マンたちも売れるまでなかなか苦労の連続だったのをみているからだ。

それだけキツイホットペッパー営業。だからといって「働くのはやめておいた方がいい」とは言わない。以下に当てはまる人は、勇気を出してホットペッパー営業に応募してみるべきだと心から思う。

ホットペッパー営業が向いている人とは

ホットペッパー営業

ずばり、 負けず嫌いで、楽観主義者であり、要領のいい人の方が向いていると心底思う。その理由を、項目ごとに解説していこう。

ホットペッパー営業が向いてる人①負けず嫌い

ホットペッパー営業

負けず嫌いの理由は簡単だ。ここで戦うのは自分自身、そして仲間たちの両方だ。もちろん、「チームで数字を追う」というスタンスではあるものの、もちろんのことながら個人目標(古い言葉で言えばノルマ)がつく。

それを、「やったるで!」と思える人は最初から向いている。最初からそう思っていなくても、学生時代を振り返って、負けず嫌いなところがあるなあという人は向いている。

ホットペッパー営業が向いている人②楽観主義者

smilewoman3

楽観主義者というと適当なイメージを持ってしまうかもしれないが、そういう意味ではない。決して適当で乗り切れる仕事ではないからだ。

言いたいのは、楽観主義者の逆、何事にも深刻派な人はやめておいた方がいい。こんなことを言ったら怒られるかもしれないが、これは精神衛生上の話だ。

あまりにも何事も真っ向から受けていると、精神的ダメージがすごい。時には厳しいクレームをクライアントから受けることだってあるだろうし、上司、同僚から厳しいお叱りをうけることもある。

そのクレーム自体、クライアントの側についてあげたい時だってある。でも、営業は、会社とクライアントの板挟みで丸く物事を納めないといけない。全て自分のこととして受け止め、深刻に考えすぎる人は、おそらく私生活でまでも仕事が頭から抜けなくなるんじゃないかと思う。現にそういう同僚も見てきたからだ。

だからこそ、ある程度気持ちに余裕を持てる人の方がいい。それでもしんどい時が必ずあるからだ。(私も最初の半年は、消えてしまいたいと毎日思っていたのだ。超大雑把で楽観主義者なのに)。

ホットペッパー営業が向いている人③要領のいいい人

仕事できる

営業はここに限らずだが、結果重視だ。むしろ、結果さえだしていれば、そんなに怒られることはない。(ルールは最低限守らないといけないが)。となると、要領よく何事もこなせる人がめちゃくちゃ強い。

だから、要領が悪い人にとっては、とても辛いのだ。頑張る過程はそこまで見られることなく、どんなに頑張っていても数字が上がって来なければ叱られる。隣には要領よくオンオフ切り替えながら働く同僚がいて、残業も自分より少ないのに数字は圧倒的に高い、なんてこともあるからだ。

そして、その人の方が無論評価されるのである。

ホットペッパー営業をするべき人とは

ホットペッパー営業

向いている人は先述したが、それ以外にも、「ホットペッパー営業をするべき人」もいるので紹介させてほしい。

ホットペッパー営業をするべき人①将来、自営業をしたい人

抱負を宣言しよう

中でも一番するべき人、経験が必要な人は、「将来自営業をしたい人(起業したい人)」だ。

自営業を目指す人にとって、こんなにいい環境はない。なぜならホットペッパー営業のクライアントは、ほとんどが自営業者なのだ。中には法人もあるので、その場合は一社員と話す形にはなるが、ほとんどが個人事業主なのである。

つまり、仕事をしながら、自営業の方と関われて、考え方も仕事上深く聞かせていただける。なんなら、まだ自営業じゃない自分が戦略を考えてアドバイスもできるのだ。

これ以上に自営業の考え方を学べる職場はなかなかないだろう。そういう意味で、

将来お店を持ちたい人、何かしら集客が必要なビジネスをしたい人は、修行場として選ぶべきだと強く思う。

 

実際、私の同僚の中には、フリーランスでやっていきたくて、営業スキルを学ぶために一見デザインと何も関係ないこの仕事を選んだという人もいた。

そして見事、ホットペッパー営業で身につけたスキルを活かし独立したのである。これは、一人だけの話ではない。その後独立し、社長になった人もいる。

自営業をして最終的に考えている人は、ここで歯を食いしばってみるのも一つだ。

そして、契約社員という雇用形態もあいまって、副業は認められている。だからこそ、ここで勉強しながら自分のビジネスの準備をすることもできるのだ。

ホットペッパー営業をするべき人②経歴をリセットしたい人

リセット

言い方は悪いが、色々と転職したり、合間にプータローしたり、経歴が「汚れて」しまった人も、ここで一度頑張った方がいい。

というのは、ホットペッパーに関しては熱意を見てくれる会社なので、いわゆる「経歴」で落とされるわけではない(はず、あくまでもこれまで見てきた主観的な感想ではある)ので、前職の経歴は本当にさまざまだ。

営業と全く関係ないバックグラウンドの人がとにかく多い。歌手や保育士、モデルなど、実にいろいろな背景を持っている人が所属している。

なぜ「リセット」と言えるかというと、ホットペッパーで3年という限られた期間、大手会社で営業を頑張ったとなれば、どこの企業にとっても「ほしい人材」に成長することができるのである。

そして、次の転職をする際も「契約満了」が理由で転職するので、退職理由に目をつけられることもないのだ。

覚悟はいる、でも、その先にこの先出会えない出会いもたくさんある

転職

ホットペッパー営業になるのは、覚悟がいる。ただただ挨拶に回っていればいい営業なんてのもこの世には存在するが、そうはいかない。

いわゆる「飛び込み営業」「営業電話」をする必要があり、煙たがられる回数なんて1000じゃ足りない。

絶対にみんな一度はくじけそうになる。でも、そこで一緒に切磋琢磨する仲間は、一生ものだ。転職は何度もしてきているが、やはり、ホットペッパー営業で出会った仲間は、ほかの職場で出会った仲間よりも濃い。

大変なことが9割かもしれないけど、残りの1割は、かけがえのないものなのである。

覚悟ができたら、一度求人情報をチェックしてみよう。私は見た瞬間に「やりたい」と何も考えず飛びついたのだが、後悔はしていないぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。