30代女性の転職活動は準備が命!面接までにしておかなければいけない事

work

どの年代が転職するときも、準備は大切です。ただ、30代以上の女性が転職するとなれば、より念入りに準備をし、身だしなみまで含めて企業相手に「プレゼン」をしなければなりませんよね。

新卒のころと同じことを答えるわけにはいかないので、30代女性を取りたい企業は何を望んでいるのか、そのニーズに応えられることをどうやってアピールすればいいのかを見ていきましょう。

そして中身だけでなく、新卒とは違う30代女性としての当日の服装までも解説していきますね。

30代女性の転職は可能か?

work

「30代女性の転職って難しいってホント・・・?」実はこの答えは嘘であり本当です。
というのは、「楽勝」というわけにはいかないことが多いからです。

周りに相談したら、こんな声が返ってきませんか?「30代転職は厳しいでしょ」「今のまま働いてる方が安泰じゃない?」
確かに、今のまま過ごせば、「就職できないかもしれない」なんて恐怖に襲われることはないですよね。

ただ、思い返してください。そんな言葉をかけてくるその人は30代の女性の転職をちゃんと経験した、挑戦した、見てきた人でしょうか?

なんとなく世間で言われている「30過ぎたら雇ってもらえるだけでラッキー」みたいなのは誇大表現を信じて疑わず投げかけてきている場合が実はほとんどなんですよね。

では、どんな「30代女性」が転職できるのか?

採用側から考えると一つ確実に言えるのは、 30代を中途採用する会社が求めているのは【即戦力】です。
あなたが今まで就職してから積み上げてきたスキルがどんなものなのか、これを企業の前で「プレゼン」することが必要となります。

30代女性の転職!面接の回答準備とは

work

では、30代女性のあなたが転職面接という名の企業への「あなた自身のプレゼン」をする準備をしましょう。
当然、新卒の頃と同じ解答をするわけにはいきませんよね。

先述した通り、 企業が30代の中途採用をするのは【即戦力が欲しい】からです。

つまり要点は「いかにあなたがその企業にとって使えるか」です。

当然、企業の求める人材をしっかり分析しましょう。例えばですが、リーダーシップを求めているのか、クリエイティブさを求めているのか、営業力を求めているのか。

企業のニーズを満たす自分をアピール

花屋さんに訪れてる人にドライフラワー売ろうとしても気にかけてもらえませんよね。気になる人もいるかもしれませんが、花屋さんにわざわざ来る人は、「きれいな生きた花」に癒されようとしてきているんです。

これと同じで、しっかり企業の求めている人材をしっかり調べ上げたうえで、自分のこれまでの経験をどの角度からアピールするかを決める必要があります。

例えば、いくらあなたが営業成績バリバリだったとしても、あなたは今からwebデザイナーがしたいとしましょう。そこで営業成績をいくら語ったって「頑張ったんだね」「すごいね」とは思われても、デザインとは関係がなさ過ぎて人事の心には響きにくいです。

それだったら、同じ仕事の経験にしても見方の角度を変えて「営業時にどうやったら一発で見やすく、わかりやすい資料提供できるか常に模索し、最終的にはその資料改善のおかげで売り上げ成績も圧倒的に上がった!」という風にアピールすれば、「センスあるのかもな?」と思ってもらえるかもしれませんよね。

これはあくまでたとえですが、同じ一つの仕事をしていたとしても、色々な角度から見てプレゼンすることができます。最適な角度を探し、面接の回答や応募書類を準備するようにしましょう。

30代女性の転職面接の服装は?

work

「面接=リクルートスーツ」と思っていませんか?
リクルートスーツで面接に行けるのは第二新卒までです。では具体的にどういう服装をすればいいのか?

リクルートスーツに見える黒は避けて、ネイビー、ダークグレー、グレーなどのスーツがいいでしょう。スカートかパンツかはどちらでも大丈夫なので、社風のイメージと、どう見られたいかを踏まえて選ぶようにしましょう。

スカートを選ぶ場合は、座ったときに膝まで長さがあることは意識しておいた方がいいですね。

中に着るインナーですが、襟付きだとピシっとした印象、襟なしだと柔らかい印象を持ってもらいやすいです。

ここは30代という大人の醍醐味、どちらでも大丈夫ですが、襟なしを選ぶ場合は胸元が見えないよう、清潔感のある物を選ぶようにしましょう。

髪型に関しても、これといった決まりはないので、自分がどう見られたいか、社風はどんな感じかを調べて決めましょう。あまりにも派手すぎるのはマイナスな印象になりやすいので避けましょう。

ロングヘアの方はハーフアップ、まとめてしまうのが無難ですね。でも社風がアットホームなカジュアルな会社にホテルのフロントさんのようなぴっちり頭でいくと浮いて見えるかもしれないので、社風と自身の見せたいイメージを加味して選ぶのが無難です。

30代女性の転職、一人で悩まなくてもいい

転職相談

「転職エージェント」を聞いたことがありますか?
いわゆる「転職のプロ」です。きっと何千人の転職希望者を転職させてきています。
筆者も利用したことがありますが、感動したのは履歴書、職務経歴書も採点してくれるんです。場合によっては面接練習もしてくれます。

さらにいうなれば転職活動の中で一番面倒と言っても過言じゃない、応募書類の送付も代わりにやってくれるんです!新卒の時の就活の方が100倍大変でした。

大きな会社で過去にも転職者を送り込んだ経験のあるエージェントなら、その会社で過去に面接で聞かれた質問なども教えてもらうことができます。

そして面接が終われば「どうでした?」と心配して電話をかけてきてくれ、「一人じゃない」転職活動ができました。

これだけ至れり尽くせりでも、転職志願者、つまりあなたは無料で利用できるんです。

「タダより高いものはない」と警戒するかもしれませんが、大丈夫です。「タダ」と言っても志願者がタダなだけで、企業側は人材が採用できた場合、転職者の年収の1/3ほどを転職エージェントに支払う仕組みなので、堂々とお世話になっちゃいましょう。

私が実際にお世話になったことがあるのはパソナキャリア、リクルートエージェントです。別々の機会にお世話になりましたが、どちらも見事就職に結びつきました。

やはりリクルートは業界大手なので仕事数が多いです!そして自分でも仕事を見て選べるので、まずはリクルートエージェントは登録して損はありません。体験からのおすすめ紹介記事はこちら

30代女性の転職する際にしておくべきことまとめ

work

「30代女性の転職は難しい」と世間からは言われがちですが、そういうほとんどの方は未経験で知見だけで話していることが多いです。

あなたが「環境を変えたい、仕事を変えたい」と思ったのならば、周りの言葉であきらめずに、しっかり転職準備をして転職に臨みましょう。書類は落ちてしまうこともあるかもしれませんが、不可能ではありません。

面接まで行けば、あとは 採用側に「この人の能力が今すぐにでも欲しい」と思わせたもの勝ちです。
その際、能力で売っているのはもちろんですが、人間は視覚からの情報も大きいので、30代女性という魅力を生かせる、そしてTPOに合った服装で転職面接に臨むようにしましょう。

そして一人で頑張る必要はありません。転職のプロの力を借りれば、転職活動の負担も半分になるといっても過言ではありません。
せっかく利用できるものはしっかり味方につけて、新しい生活を手に入れるために頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。