なんとなく結婚したいという男女必見!結婚したら大変なこととは



学校を卒業し、だんだんと周りが焦りだす1大テーマ

結婚。

年々聞くようになります。

「結婚したい?」
「30までにはしたい」
「好きな人できひんしやばい」
「出会いがない」
「子供が欲しい」
などなど。

で、追い打ちをかけるように世間は
「結婚の予定は?」だの

「私が一番初めに結婚した」だの

「結婚はしとかなきゃ」のプレッシャーだの

「あの子結婚できなさそう」だの。


世間は、いまだ
「結婚教」が布教され続けています。

恋愛相談で大大大人気のDJあおいさんもこのように言っています。

それをあおるかのように
「結婚できない芸能人の私生活」
「結婚できない女芸人たち」だの

結婚できない人は「負け組」のような放送しかありません。

この前置きをした後で、あえて問います。

突然ですが質問です。

あなたは結婚がしたいですか?

したいと答えた人!
なぜ結婚がしたいのか

あなたは、結婚したい理由を言えますか?

「周りがしてるから」
「30までにはしたいから」
「残りたくないから」
「良い男は売り切れるから」

世間的に「ただなんとなく」したい人って、意外と多いんです。

これは、DJあおいさんも言う、世間は結婚教がいまだに布教されているからなんです。

「なんとなく」そろそろ結婚かな、で結婚ももちろんアリだと思いますし、
現に多いと思います。

でも、人生って一度キリなんです。

だからこそ、人生のおそらく一番大きな選択、結婚をなんとなく考える前に、
しっかり考えてみてほしいのです。

「そんななんとなくしたい」で本当にいいの?
周りの雰囲気に流されて結婚したいっていうけど、結婚ってめっちゃ大変だよ?
以下のことをしっかり頭に入れて、
覚悟ができて、かつ自分のなりたい姿がイメージできて初めて本当に
「結婚したい」と宣言し、婚活をスタートさせるべきだと思うので、チェックしてみて下さい。




~結婚したら大変なことシリーズ 男性側~

※ズボラなチキンは結婚していません。ただ、既婚者が周りに多いので、
勝手に自分の中で勝手にマーケティング?しているだけです笑

自由に使えるお金が独身時代より少なくなる

「俺は給料は右肩上がりやけど、25で結婚してからずっと毎月3万や」(38歳男性・子持ち)

お金は大きい問題ですよ!?本当になんとなくで焦っていいんですか?

今の時代、共働きが主流だから働くには変わりない。

ただ、マイホームやら子供のことを考えたら、今までのように自分で稼いだものを固定費以外自由に使うという概念は捨てなければならない(金持ちと結婚したら別かも知れませんが一般論として)

結婚するまえにしておくこと→

ずっと使えるイイものは購入しておく(高級時計、アクセサリーなど)

※婚前に得たものは結婚後も本人の所有物だからです。

結婚してから高級時計買うなんて、少なくとも要相談になるし、反対される可能性だってあるから面倒ですよ!?

・遊びに行く前に嫁の機嫌をうかがう

「趣味のバスケに出かけようとすると、嫁の目が怖くて」(30歳男性・子持ち)

男の人は自分の体に変化はないし、授乳はできないし、わりと子供ができてからも自由に過ごせるんですよね。

だから「【なんとなく】そろそろ結婚してもいいか。そんなに生活不自由ならんし」
と思うのかもしれませんが、甘い。

子供ができたら、趣味一つでかけるのだって、気を遣うようになるし、奥さんによってはだめな人だっているだろうし、嫌みを言われる人だっている。

「独身通り」の生活をつづけるつもりで結婚したいなんて言うンじゃない。
「独身通り」の生活を続けたいなら結婚したいのはまだ今じゃない。

・精神的にも金銭的にも飲みに行くのをためらうようになる

「飲みに行きたくても、お小遣いが底をついてるから今月はいけない」(30代男性)

今までは「華金いえぇい♪」だったかもしれませんが、そうもいきません。
家庭にもよりますが「独身の時と同じ」頻度も、飲み方も、少し躊躇するようになります。

飲みってお金かかるし、夜遅くなるし・・・ね。

「飲むの好きやしまだ周り飲みに行く仲間おるから減らすの無理」って思う人は、
思う存分今のうちに飲んでおきましょう。

「もう飲み会こりごりや」になったら潔く結婚できるかもしれませんね笑

・ぐうたら過ごす休日が減る

「休日は子供の野球につれていかなあかんから休みなんてない」(30代男性)

頑張って働いてやっと休み(^^♪ゆっくりできる♪なんて
甘いことができるのは独身までと思った方が。

子供がいなくても、嫁さんに気も使って連れて行ったり、家事したりしなきゃいけないし、
子供なんてできた日にゃ休みなんてないですよ。
「休日=家族サービス」みたいになっちゃうんですから。

休日遊びに行く予定があるなら前後の休みはなおさら家族サービスしなきゃいけなくなりますしね。

・責任が重くなる その1(転職などしにくくなる)

「転職したいけど、その間奥さんだけに頼るのもなあ・・・今より給料減るのも気まずいし」(30歳男性)

たとえ共働きでも、独身の頃とは違い、一家の家計を支えることになります。
独身時代なら、「転職しよう」と決めたら、あとは行動するだけ。
決まればはたらくし、時間がかかるならアルバイトしたり、合間に旅行に行ったり・・・

誰に文句を言われることもなく超自由ですよね。

そんな簡単に転職や、長期旅行などもできなくなります。
この辺は、独身の間にしっかり自分を満たしておくことをお勧めします。

責任が重くなるその2(マイホーム)

「家のローンを組んでしまった・・・ここから30年ローンを返済する生活か」
20代男性)

「家のローンは家賃とそんなに変わらない」とよく言います。
私もそう思います。
だがしかし!

一つ大きく違うのは、「払い終わるまでずぅっと」その金額を払わないといけないということ。
賃貸でも家賃は払い続けますが、多少しんどくなれば家賃の低いところにも移動はできますし、場所も変えられます。

でも、マイホームは買ってしまったら、ずっと払い続けなければならないのです!(ボーナスも減るしね)

もちろん、家という財産を得るのですから、プラスなんですけど、
独身の頃に比べたら大分荷が重くなります。

何となく結婚したい世の人々に物申す(まとめ)

結婚する前の覚悟を読んで率直にどう思いましたか?

A. 独身のうちにしたいことしておこう
B. そんなこと覚悟の上で今の彼女と結婚したい
C. 結婚怖くなってきた
D. これでもいいと思える彼女ができたら考える
E. 今すぐ相手見つけて結婚したい

こんなところでしょうか。
もう一度、これまでのおさらいです。

結婚すると、こんな弊害(?)が出る
・自由に使えるお金が少なくなる
・遊びに行く前に嫁の機嫌をうかがう
・精神的にも金銭的にも飲みに行くのを少しためらうようになる
・ぐうたら過ごす休日が減る
・責任が重くなる(転職編)
・責任が重くなる(マイホーム編)

 

まだまだ本当は変わるところあるはずです。
今回は、ネガティブ編ですが、結婚して良いことだってたくさんあります。

私が言いたいのは

「結婚を、世間がするからって理由だけでしようと思うな」

ということ。

全て受け入れる覚悟で、
この人と生きていきたい!と思えた時に
結婚を意識できれば最高ですよね。

そんな覚悟も相手もいない間は、
このマイナスポイントを頭に叩き込んで、
いざ結婚したときに「もっといろいろしておけばよかった」と後悔しないために
やりたいこと1000パーセントの力でやっといたほうがいいよ!てことです。

あくまで、結婚はゴールではなく始まりです。

結婚してからの方が人生長いんです。

それをなんとなくでせずに、愛する人を見つけてしてくださいね!

「結婚したら大変なことシリーズ、女性編」も公開予定です♪
お楽しみに♪

⬇︎スポンサーのきたしょー様です⬇︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。