転職したくてもできない人と転職する人の差は、自信があるかないかだ

こんにちは!ズボラなチキンです!

私は自分に自信がそんなにありません。
恋愛に関してもすぐビビってしまうし、これを言ったら嫌われるんじゃないかとか、一つ一つの行動に未だにビビってます。
ただ、転職はすでに28にして4社目です。
企業から見たら「長続きしないやつ」と捉えられることも多々あります。
特に日本の古い企業体質のところだと。
ただ、最近よくこう言われるんです。
「ズボラはすごいよなあ!そんなに転職して、ちゃんと受かってるねんもん」
あ、すごいって言ってくれる人がいるんや!と思いました。
はっきり断言します。
1000パーセント私がすごいわけではありません。

転職の許可は資格や学歴じゃない

企業に出す私の履歴書なんて
  • 普通の私立大学卒
  • 最長2年同じ会社に在籍
  • TOEICは良い(800以上)
  • 会社の経歴バラバラ(海外営業アシスタント→塾講師→営業→営業事務)
  • 国家資格:なし
こんなもんですよ!
そんな、転職決まるからすごいなんて言えるやつの経歴ではありません。
TOEICがすごいとも言われますが、それだって日本だけでどれだけ持ってる人いると思います?
仮に満点だったとしても、そんなに大差ないと思います(転職の結果に)
じゃあなんで、4社目に至るのか?
答えは一つ
続かない
じゃなくて、
謎の自信
があるんです!
自分に自信はありません。あの経歴ですし。
ただ、ゴマンと会社があって、求人を出しても出しても足りてないような企業、実はいっぱいあるんですよ。
そう考えたら、私を取ってくれるとこだってあるやろ!というジャイアン的自信です。
でも、ただのジャイアンじゃあ雇われないので、
後付けでいいので
自信の素を探していきます。
今までの自分がしていた仕事
→どんなふうにこなしてた
→褒められたことはあるか
→失敗したこと
→失敗からの復活(改善)
→やりがいを感じた瞬間
→仕事の正確性
→仕事のスピード
→仕事の要領
→入社から今まででできるようになった仕事
こんな感じでリストをあげて、一つ一つをふかーく掘って見ます。
めんどくせ!と思っても、
現職の仕事中や、
通勤時間、隙間時間に思い出して書き溜めていって下さい。
そしたら不思議と、
「うわ、私こんなこともしてたんや!?」
と、自分の見えてなかった成長や、長所が見えてきます。
長所を探せとは機械的に言われますが、
ふかーくほって見つけた長所たちを集めるとどうなるか。。。
自信の素ができるんです!

自信を持てばあとは最強

そうなるとあとは、その自信を、精一杯アピールすればいいんです。
ただ、相手は忙しい中面接してくれるので、
しっかりまとめて話せるように、
何度も面接の妄想をします。
「うわ、私このいいとこもいいたいのに!」くらい溢れてくればいいですね。そうなるはずなんです。
誰だって、ちゃんと考えて自分なりに働いてるんですから、いやいやサボりながら働くだけだったら別ですが、なにかしら誇れるところはあるはずなんです。
自分の中で自分の良さがまとまってきたら、
面接も楽しみになりますし、
そこから転職活動するなら、
企業はこの私にどんな反応してくれるかな?
こっちも見定めてやろう
と、自信を持って、対等な形で面接に望むことができるのです。
結局何が言いたいかって、
転職はできる、できないじゃない。
自信を持てるか、持てないかなんだ。
と、私は思っております。

転職は誰でもできる

誰でも自信をつければ(探して集めれば)
出来るってこと。資格の有無じゃない。
だから、月曜日が来るのがめちゃくちゃ嫌な人は、
転職も一つの人生のオプション(選択肢)に入れてもいいと思うんですよね。
だからって、転職しまくると
書類は通りにくくなりますが。笑笑
一度きりの人生、後悔ないように生きましょう!
ズボラなチキンでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。