「職場いじめが辛くて辞めたい」主ないじめ4種類の対処法と会社の対応、転職するか否かの見極めや方法まで徹底解説

職場いじめが辛い、辞めたいときの対処法

子供の間でも問題になってる「いじめ」。それがいけない事だと分かっている、分別のつく大人がやるのが一番質が悪いです。

今あなたがいじめられて辛いと思っているなら、一度自分の現状をしっかり確認し、精神的にきているようであれば、怖いかもしれませんが思い切って転職を視野に入れましょう。

いじめのパターン、原因、対処法、会社の対応例、いざ退職するには、というところまで徹底解説していきます。

現状把握:今の職場いじめが改善する可能性はあるか

もしあなたが今、 自分より立場が上の人で頼れる人がいなかったり、上の人も一緒になって嫌がらせ、いじめをしている場合は、いよいよ会社を去ることを考えましょう。精神を病んでしまってからでは遅いんです。

ただ、もし支社や本社が別にあって、上の人が知らない、助けを求められるいじめに関わっていない上司、上層部が要る場合は、直属の上司を飛ばして上の人にSOSを出すのも一つです。

一番危険なのは逃げ場がない職場です。中小、零細企業でオフィスは一つ、みんな同じフロアで一緒になって仕事をしていて、そこでいじめを受けている場合は、改善、退避できる可能性が低いので、直接社長や専務レベルに相談することになりますが、そこも相手してくれない場合は残念ながら退職を考えた方がいいです。

いじめのパターン

職場いじめ

今あなたはどんな方法でいじめられているのでしょうか。不快だけど耐えられるレベルなのか、家から会社に出ることを考えただけで頭が痛くなるくらい辛いのか…。

現時点での状況で変わってくるので、まずは現状を確認しましょう。

いじめのパターン①一部のグループに無視されている

挨拶しても返してくれない、仕事をお願いしてもやってもらえない、質問があるのに聞いてくれない・・・。仕事がやりづらくて辛いですよね。

いじめをしてきているのは同部署でしょうか。同部署で人数が少なかったり、逃げ場がない場合は自分の心を守るためにも、環境を変えることを考えた方がいいかもしれません。

環境を変えると一言で言っても、転職以外にもあるので後述する「職場いじめの対処法」欄も参考にしてください。

いじめのパターン②性的な嫌がらせがある

性的な質問をこちらが嫌がっているのにしてきたり、勝手に性的な噂を立てられたり、性的な批判をしてきたりするのも立派ないじめです。いわゆるセクハラですね。

あとは、断っているのに、交際を迫ってくるというのも立派なセクハラです。以前されたことがありますが、本当にこれは大っぴらに相談もできないしタチが悪いです。

この場合は、セクハラをしてくる当事者と離れることができるかまずは考え、対処を試みるのも一つです。ただ、これが実行できるのは、周りに一人でも頼りになり、相談できる人がいるかどうかによっても大きく変わってきます。

いじめのパターン③仕事をこっそり押し付けてくる(パワハラ)

お局のような人がいて、上層部に隠れてこっそり自分の仕事を押し付けてきたり、もしくは上司そのものが自分の権力を使って関係のない仕事を押し付けてきたりするのも、量が異常であれば立派ないじめです。

泣き寝入りして自分のキャパを超えた仕事を引き受ける必要はありません。相談できる人がいるようであればまずは相談しましょう。

相談すると言っても、自分と同じ立場の人じゃダメだよ。ダメではないけど効力が薄いので、上の誰かに相談ができるのがベストですね

いじめのパターン④陰口が自分にまで入ってくる

職場での陰口は、ある程度誰もがしてしまっているのかもしれませんが、それが本人に入るのは嫌がらせでしょう。陰口の内容がある事ないことだったり、嫉妬だったり多岐にわたりますが、自分が辛い、傷ついたと思ったらいじめと判断してOKです。その場合はいじめの対処法をやってみて、難しければ転職も考えた方が精神的に安全でしょう。

職場いじめが起こる原因

職場いじめ

いじめが起こる原因は誰にあるでしょうか。あなたではありません。よほどあなたがいじめをしている側に裏切り行為でもしていない限り、あなたが自分を責めることなんてないんです。

いじめが起こるのは、 いじめる側の「ストレス発散」や「待遇さや周りの扱いからの違いなどの妬み」「勝手な恨み」、もしくは「自分も過去にいじめられていた」という理不尽な理由でしかありません。いじめの理由が正当化されることなんてあってはならないんです。

メンタルが強い人であれば「私をいじめることでしかストレス発散できないなんて可哀そう」と思って乗り切れるかもしれませんが、決して無理して乗り越えようとしなくていいです。逃げて下さい。

【重要】職場いじめに遭っている自分の体調に変化はあるか?

職場いじめ

心と体は密接につながっています。もし今、下記のような体の症状がある場合は、早急に退職も含めて考え、行動しましょう。

体の変化チェック
  • ずっと下痢気味
  • 肌荒れが酷い
  • 寝付けない
  • ぐっすり眠れない
  • 食欲不振
  • 会社に行くことを考えると体が重くなる
  • 訳もなく涙が出てくる
  • ずっと憂鬱で笑えない
  • 会社に行くくらいなら死にたいと思ってしまう

実際に鬱になって退職した知人も何人か知っていますが、実際に鬱になってしまうと、回復には年単位の時間がかかります。もちろんお金もかかります。

そして楽しく遊べるようになるまでにも時間がかかるので、幸せに過ごせるはずの時間までもが奪われてしまうのです。

鬱になってからでは遅いです。傾向があるなら、体のSOSだと思って真摯に受け止めて対応を考えましょう。

職場いじめに遭ったときに取るべき行動

職場いじめ

実際に職場でいじめに遭った場合、友人などに相談しても、経験がない人にはわからないんですよね。

この場合、外部に愚痴っていても解決しません。具体的にとれる行動は大きく分けて2つ(転職を含めれば3つ)しかありません。

職場いじめされたときに取るべき行動①

実のところ、相手にせず、反応しないのが一番ではあります。いじめている側はそれなりに、憎きあなたが苦しんでる、悲しんでいる姿を見たいと思っている場合が多いからです。

ただ、それだけでは収まらないことも多いので次の対応が必要となります。

職場いじめされたときに取るべき行動②信頼できる人に相談する

一人で解決しようとせず、相談できそうな人を探しましょう。

いじめに上司が関わっていないのであれば上司に相談、直属の先輩が関わっていないなら直属の先輩にまずは助けを求めます。

筆者体験談
職場でパワハラを受けたときは、同部署の先輩がいじめには関わっていなかったので相談して、一緒に専務に相談についてきてくれました

上層部が動いてくれる場合はまだ会社は救いようがあります。でも、動いてくれないならそんな会社はこちらから願い下げましょう。

職場いじめの会社の対処法例

work

change jobs

さて、実際にあなたが職場の人に相談した場合、会社がとってくれる対処法はどのようなものがあるのでしょうか。実際に筆者も体験した身なので、実体験+他の人から得た情報も元にまとめています。

職場いじめの会社の対処法例①直接注意してくれる

学校いじめと職場いじめの一番の違いは、職場の人間はどんなに性格が悪くても上からの評価はある程度恐れていること。なので、上の人から注意された場合、動けなくなる人も多いです。

これで収まる場合はまだいいですね。改善が見られたのであればすぐに転職を考えなくてもいいでしょう。それでも嫌であれば辞めてももちろんいいです。

職場いじめの対処法例②物理的に場所を変えてくれる

いじめていた人がいくら注意されても変わるかなんてわかりませんよね。例えば同部署であれば異動させてくれたり、支社や支店をかえてくれるといった対応がとられることもあります。

これは人事部の判断になるので、上層部、上司、先輩が人事にも伝えてくれた場合でかつ、会社が真摯に向き合ってくれる場合に多い対処法です。

筆者体験談
私の場合は先述の通り専務に先輩と相談に行き、数か月後、その上司は本社から支店へ飛ばされました。

職場いじめの改善が見られない場合

職場いじめ

職場いじめが実際に上に相談したにも変わらない、もしくはいじめ側が懲りずにまた嫌がらせをしてくる場合、あなたが我慢してその会社にとどまる必要は一ミリもありません。

もしやりたいことがやれている会社であれば後ろ髪を引かれるかもしれませんが、精神的にまいってしまってからでは遅いのです。

どうしても転職できるかが怖いようであれば、せめて第一歩として、転職サイト(大手なのでリクナビNEXTが職数多くてお勧めです)に登録し、探し始めるだけでもしてください。

退職すら脅されていてしんどい、言いにくいなら

今の時代は、どうしても退職が言い出しづらい、言ってから辞めるまでが恐ろしいということであれば、退職代行サービスを使うことだってできます。

「いじめをしてない人にまで迷惑がかかる」と思ってしまうかもしれませんが、あなたが精神を病むことに比べたら、少し他の人に仕事量が行ってしまうことは、許容してもらいましょう。

そして何より、転職4回もしてますが、辞めてから元会社の人に偶然出くわしたことはただの一度もございません。引っ越しもしていないのに、です。

なので、実際辞めてしまえば二度と会わない人たちです。そんな人たちを思いやって病んでしまっては元も子もないので、ここは自分を優先しましょう。

退職代行サービスは退職代行Jobsがオススメ。

弁護士監修なのに、競合他社よりも価格も安く、かつ、弁護士監修だから法的な抜け穴で負けて無効になるという心配もありません。

監修の弁護士さんも、最初の職場が辛くて1年でやめてしまった、退職の辛さ、しんどさを経験した人だそう。

\まずはLINEで無料相談/

職場でいじめられている場合にとる対処法まとめ

一番に言えるのは、一人で抱え込んではいけません。そのままでは本当に精神が病んでしまうからです。

身近に頼れる先輩、上司がいない場合、いきなり上層部に声をあげてもいいですし、それでも動かない場合、辞めることも選択肢として用意しましょう。転職はあなたが思っているほどハードルは高くありません。怖い場合はまずはリクナビNEXTでどんな仕事が自分にはできそうか、目星をつけて辞める原動力にするのもアリです。

私は約9年前、いじめが原因で零細企業を退職しました。この記事で紹介した通り、逃げ場がなかったんです。ただ私の場合は、一番慕ってる上司にどうしても言い出せず、隠したまま辞めてしまいました。本気で尊敬していたのでそれだけは心残りです。

私のように心残りを出さないためには、やれることはやって、それでもダメなら退職の流れがいいでしょう。退職代行サービスを使った人は本当に会社とコンタクト取ることなく辞められている人もいるので、お金で解決しちゃうのも一つですね。

一番大事なのはあなたの精神、体の健康です。問題を先延ばしにせず、辛くても自分自身のために対処しましょう。

\転職関連の記事はこちら/