大人になってから母親と合わない・・・どう付き合っていけばいい?

世界で一番付き合いの長い存在といえば、生きている間は母親が一番でしょう。お腹の中からの付き合いだから。

だからこそ、みんな最初はお母さん大好きで育っているはず。少なくとも 最初から嫌いな子供もいないし、「お母さんと性格が合わない」なんて気づくことも子供時代はあまりないはず。

ですが、大人になって、何度もぶつかるようになって「合わない」と感じる人だっているのではないでしょうか。

ただ、 親子というのはデリケートな問題。なかなか周りにも相談しにくいですよね。だいたいは「親を大切に」「仲睦まじく」が良しとされる世の中、母親と合わないと思うのはいけないことなのでしょうか?

もちろん、 歩み寄る努力ゼロで「合わない」という分にはお母さんが不憫かとは思いますが、努力した上で合わないなら、それは「合わない」という事実を受け入れる方が、今後の人生絶対に楽です。

今回は、合わないと判断に至る経緯、歩み寄り方、その後の付き合い方についてお話しします。

もしかして、お母さんとは性格が合わない?

親子

一緒に住んでいる場合は、しょっちゅう喧嘩するのがまず合わないかもしれないサインです。それが、しょうもないイライラのぶつかり合いなら性格が合わないとは違う原因ですが、面と向き合って話し合ったにも関わらず、お互いの意見をのめない、理解できない、理解するふりしかできないのであれば、それは合わないかもしれません。

離れて住んでいても一緒。会う機会が少ないのに、会った後に「意見の食い違いばかりで疲れた」「気を使って疲れた」など、疲労感を感じる場合も、性格が合わない可能性があります。

こうなってきたら、まずは自分がお母さんと合わないと思うポイントを探してみましょう。

お母さんの、どういうところが合わない?原因・カテゴリを特定しよう

親子

たとえば、あなたももう結婚して子供を産んでいる状態で、子育て論であれこれ言われるようになって、「合わない」と感じる人もいるでしょう。もしくは、まだ結婚願望もないのに「結婚が全て」のような価値観を押し付けられるとか・・・。

価値観の違いであれば、どこが違うのかまずは特定しましょう。 特定できれば、話し合うことも、お互いに合わない部分は触れないという付き合い方だってできます。「全部」と投げ出さず、何が違和感になっているのかを考えてみましょう。

できればこの段階で、あなたが感じている違和感を、お母さんに伝えられる方がいいです。もちろん、自分の母親に伝えることこそ、最も勇気のいることなのですが。

お母さんも、違和感を聞けば、歩み寄ってくれるかもしれませんし、お互いの誤解で解決できることだってあるはず。

お母さんと向き合って話してみよう

親子

親子といえど、成人して仕舞えば1大人同士です。成人していなくても、1人1人の人間なので、向き合って話さないことには、何の理解も解決も得られません。

まずは、勇気を出して、話す機会を設けましょう。何が違和感、不快感に感じているのか、素直に話しましょう。話すときは、相手を「母親」と思って話すのではなく「1他人」と思って話します。

「母だから」「娘だから」と思って話したら、「分かってくれるであろう」という別の感情が入り、解決をより困難にします。冷静に話し合うためにも、1人の別の大人として接しましょう。

いつから違和感があったのか、どうして欲しいのか、叶わないのであればこの部分だけは口を出さないで欲しい、など、感じたこと、これからの対応方法を話し合います。

ここで解決できれば、お互い新たな気持ちで、新たな関係を作る気持ちで再スタートが切れるはず。

母親と話し合ったけど、分かり合えない場合

勇気を出して向き合ったのに、キレられたり、丸め込まれたり、泣かれたりして話し合いにならなかった場合もあると思います。

冷静に別日に話し合うのもいいですし、手紙やメールで、言いたいことを全て伝えるのも一つの手です。

でも、それですら受け入れてもらえなかったのなら。受け入れてもらえないまま今まで通り付き合っていくことがしんどいのならば。

あきらめましょう。

は!?と思いますよね。ここまで書いておいて、ダメなら諦めようって。

でもね、母親の方も子供のことをもっと理解しようとか、うまく関係を気づけるように改善しようとか思わない限り、片方だけでは関係修復はできません。

そのままあなただけが我慢して付き合う場合、お母さんのことを嫌いになってしまうかもしれません。

そうなる前に、あきらめましょう。

所詮は、親子といえど、別の人です。親子の難しいところは、合わないからといって、切り捨てられるものでも、避けられるものでもないということ。

今後も付き合いは続くことを考えたら、自分の気持ちの負担を最小限にするべきです。一度、「私は、お母さんとは分かり合えない。お母さんのことが苦手だ」と認めてみてください。

自分が「母親と合わない」と認めたことを、周りにあえて公言する必要はありません。ただ、自分の中でずっとモヤモヤするのなら、一度認めてみて、気持ちの変化をみてみましょう。

親と子の距離を思いつめ過ぎてない?距離感を見直そう

「親だから、これくらいの頻度で会わないといけない」「連絡を取らなければいけない」と、親子の関係に、義務を知らないうちにつけていませんか?親子の形なんて千差万別。人と違ったっていいんです。

時期が変われば、お互いに分かり合えるかもしれないので、 会うのが負担、連絡が負担になっている時期は、一度距離をとってみるのも一つ。全くの音信不通は心配させますが、忙しいから、ということで年に1、2回会うくらいにしたって十分でしょう。

理由はなんでも構いません。お互いに傷つけあわずにすむ理由が一番ですね。もし今近くに住んでいる、同居している場合は、離れてみましょう。一人暮らしでも、お金が厳しければシェアハウスでも構いません。

家を出にくい環境なのであれば、これを機に少し離れた土地に転職、就職するのも一つです。家が嫌で、海外に一時的に行く人だっているくらいなので、距離の取り方は様々です。

過干渉が負担になっている場合は、一度離れれば、母親も慣れてくるので、少しは干渉が緩和されます。私自身も同居していた時は、何時に帰るかメールをし、駅まで迎えに来られるという手厚い保護を受けていましたが、一人暮らしをした今では、連絡を取ることもそんなになくなりました。

母親との関係性に違和感を感じているのであれば、話し合った後は、距離感を変えることが一番の解決の近道です。解決といっても、「仲良くなる」というよりは「あなたがいかに心穏やかに過ごせるか」を1番に考えましょう。

親と子だから、こう出なきゃいけない、なんてのはない

今あなたが苦しんでるのは、相手が親だからです。違和感を感じたり、苦手意識を感じることすら、罪悪感があるからです。周りも簡単に理解してくれるものではありません。

でも、そもそも、親子の形だって様々。こうでなきゃいけない、という考えは、一旦捨ててみましょう。「生きててくれるだけで後は好きにして」という無干渉な親子だっていますし、「毎年家族の誕生日は集まってるお祝い」という親子だっています。

何が正解で、何が不正解というのはないのです。

「親子だから」近くにいないといけない、「親子だから」いい関係を保たなければいけない、のではなく「お互いにとって心穏やかにいられる」ことを最重要視します。そのためにはもしかしたら「お母さんは私と意見が違いすぎるから分かり合えない」と割り切って付き合うことが必要かもしれません。

そうなったとしても、誰も悪くありません。「お母さんが嫌い」にまでなってしまう前に、快適な接し方、距離感を今一度考えてみましょう。

筆者

私事ではありますが、私も成人してから長いことこの問題で悩んできました。私は、小学生までは誰もが引くほどのマザコンでした。自分でもこのまま母離れができるか不安なくらい。

その後は反抗期を乗り越えたりするうちに、平均的な、でも仲のいい親子間でした。ですが、大学卒業するあたりから、母親との折り合いがあまりつかなくなってきました。

更年期も重なったのもあるかもしれませんが、元々の母親の性格なのか、変わってしまったのか、自分に都合が悪ければ人を切り捨てたり、人のせいにしたりするようになったんです。

大好きなお母さんだからこそ、私もその時は「娘として」親を正そうとしたこともありましたが、それは逆鱗に触れただけで何の解決にもなりませんでした。

それどころか、ぶつかるたびに、傷つくことも言われ、信じられなくなっていきました。久しぶりに会う分には、昔のように楽しく話したり買い物したりしてても、またいつブチギレられるんだろうと思ってしまう自分がいて。

その本音を伝えたこともありましたが、そんな風に思う私がひどいのだと言われ、いい関係を装い続けました。

が、最近、もう諦めたんです。昔の仲の良い親子に戻ることも難しい、「娘として」接し続けることがしんどいから「違う人なんだ」と割り切るしかないと。

ただ母親としては、今まで通りのつもりなので、いまだに接し方のゴールは見えてませんが、諦めたことで気が楽になり、同じ思いをしてる人のヒントになればと思い、今回この記事を書きました。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。