【事実】就活、転職の写真はお金をかけるべき!採用側からの本音を暴露

就活、転職、ペーパーワーク多いですよね。流れ作業のように、次から次へと応募し、申請していく。。。

どうせなら、少しでも早く書類を通過し、面接に進みたいじゃないですか。そこで、書類通過の一つの鍵である「証明写真」の事実を暴露します。

証明写真はお金をかけるべき!修正もかけてもらおう

money

世の中とはまだまだ顔面至上主義。とはいいつつも、まさか就活、転職活動において、写真にそこまで重点を置かなければいけないということを、知らない人もおおいだろう。

お金をかけるのもピンからキリまである。とりあえずカメラ屋さんで撮ってもらうことが「お金をかける」かと言われれば、できれば修正までかけてほしい。

「自分のありのままで勝負できないだなんて」と衝撃を受けるかもしれないが、美人ならもちろんそのまま挑んでもいい。でも、平均的な顔立ちなら、少しでも綺麗に見せるべく、ライト当てたり、修正で左右対象にしてもらったりとする方がいいのである。

【事実】書類選考は退屈。顔で選んでいる採用担当もいる

落ち込む女性

前職の飲み会で、採用に至る経緯を女性社員一人一人部長が突然暴露し、衝撃を受けたことを思い出しこの記事を書いている。

人事担当や採用担当部署が異性に該当する場合は、やはり人間たるもの完全には避けられないのだろう。

言われてみれば、よほど能力や経験に光るものがあれば顔は見ていないものの(失礼な話だが)特に、営業や事務職と言った、いわゆる「誰でも覚えればできる仕事」の場合、部署によって多少好みが偏っているのが見えることがある。

実際にあった中小企業の「顔選考」エピソード

鏡チェック

うちの会社は人事とそのほかの営業部署が細かく分かれていたが、そもそも人事担当がむっつり系の男性で、まず書類を顔で選考する(「顔で」と言い切れるのは、高卒の人もちゃんと採用されていたから、学歴ではないらしい)。

そして、実際に人が足りない部署の上長がその履歴書たちに目を通す。そこでまず、あり、なしがさらに顔によって選考される。

もちろんその後、面接でも顔も見るが、面接までこぎつければ多少顔が可愛くなくとも、口や能力、PR力で結果は大きく変わってくるはずなのだ。

総務に石●さとみ似の超絶美女が所属していたが、その人の採用の時は、各部署上長(全員男)の熾烈なバトルがあったことも丁寧に明かしてくれた。

たしかに私が採用担当の男だったら、ここぞとばかりに好みの女の子を選ぶだろう。人間だもの。まあ、仕事できないのを部下として雇っちゃうとあとあと面倒だから、多少能力も見るけれども。

顔面社会は諦めて受け入れ、面接にたどり着くことを最優先に写真を美化せよ

笑顔

「私はこんなことを頑張ったのに」など、色々反論したい気持ちもわかるし、別にそこで勝負したいからいらないといわれればそれまでだが、せっかく「面接まで行ってたなら受かってた」のに、しょうもない「顔選考」で落ちてしまうほど悔しいことはない。

アメリカでは顔写真を添付することは違法になるから添付しないし、年齢も記載しない。そう思うとまだまだ日本は遅れているのだが、これも世知辛いというしかないのだろう。。。。

写真一手間で面接行ける可能性が増えるのであれば、写真に一手間加えてみてはいかがだろうか?

顔面社会に負けない!と思う人はやはり、自分の手に職をつけることをお勧めする。悲しいことにこの顔採用の話を部長にされたとき、私の採用理由は「語学力だから君は別」と、顔採用にすら入れてもらえなかったことを追記しておこう。そう、平均顔の皆の衆、手に職の時代だぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。