リクルートホットペッパーの営業の中途採用求人に受かるコツ



こんばんは。元リクルートでホットペッパー営業を担当していたキャリーです。

ホットペッパーの求人広告は見たことがありますか?私は初めて求人内容を見た時、面白そうで【一目ぼれ】しました。

営業なんてやったことないけど、ホットペッパー営業やってみたいな♪
自分にスキルの自信がないから、少しでも何か身に着けたいな
そう思えたのなら、この記事を読んで応募後の面接に備えましょう!
リクルートライフスタイルの求人はこちら

そもそもリクルートライフスタイルってどんな会社?

大手の株式会社リクルートの子会社で、有名サービスには「じゃらん」「ホットペッパービューティー」「ホットペッパーグルメ」「ポンパレ」などがあります。リクルートライフスタイルの求人はこちら

会社概要

  • 社名
    株式会社リクルートライフスタイル
    英文社名
    RECRUIT LIFESTYLE CO., LTD.
    設立
    2012年10月1日
    本社所在地
    東京都千代田区丸の内1-9-2Google Mapで見る
    (登記上本社)
    東京都中央区銀座8-4-17
    代表番号
    03-6835-1000
    URL
    http://www.recruit-lifestyle.co.jp/
    従業員数
    3,313名(2018年4月1日時点)
    資本金
    1億50百万円
    取扱高
    1,634億円(2018年3月期)
    主な事業内容
    旅行領域、飲食領域、美容領域、ヘルスケア領域、通販サービス、その他日常消費領域に関わるカスタマーの行動支援およびクライアントの業務支援・決済サービスの提供をしております。
    引用:会社概要リクルートライフスタイル より

    リクルートの伸びは衰えることを知らず、昔は知名度の低かった「リクルートポイント」ですが、今はローソンなどで使える「PONTAポイント」と連携し、活用の幅を広げています。

リクルート ホットペッパーの中途採用の求人内容は?

 「企画型広告営業」と呼ばれる業種です。いわゆる、「無形商材」の営業です。形は、営業それぞれが自分でお客さんと作り出していきます。

要は、アイデア次第で可能性がどんどん広がっていく夢ある仕事というわけです(((o(*゚▽゚*)o)))

仕事内容

★ホットペッパーに掲載するお店を増やす営業をする、「新規獲得営業」

★既存のお店(顧客)の営業利益向上を提案する「コンサル型営業」

★原稿提案をする「原稿ライター」

★サロン運営で必要なシステム導入の促進etc

 

この他、社内でのモチベーションアップにつながる作業も多いです。(チームに分かれて会議したり、飛び込み大会をしたり)。仕事内容はこちらの記事をご確認ください。

 リクルートライフスタイルの求人との出会い

私がリクルートライフスタイルの求人広告を見つけたの2014年冬のこと。

転職活動をしている際に広告を見つけ、キャッチに惹かれて即座に応募しました。

「月収25万円」

「自分の書いた原稿が全国に出回る」

「平均年齢は20代」

「様々な転職履歴の人がいる」

 

応募者は多数!ホットペッパー営業に受かる人ってどんな人?

 

リクルートライフスタイルはやはり大手の企業なので、求人の件数も多いですが、同時に応募者も非常に多いです。

「リクルートに応募したことがある」中途採用者が、周りにも偶然会社関係外でも多く見かけます。

 

実際に受かった人の過去の経歴を聞いても本当に様々。

 

リクルートに受かった人の過去の職歴
モデル

保育士

不動産営業(1年)

英会話講師(1年)

ソフトバンクショップの店員(1年)

某有名リゾートホテルの正社員(1年半)

大手スーパーの正社員(10か月)

美容師(1年)

食品営業(2年)

ブライダル営業

ブライダルプランナー(3年)

銀行員(2年)

※期間まで聞けたものは()内に表記。

見ていただいてお分かりかと思うのですが、

職種がバラバラなのはさることながら、

【就業期間が短い】んです!

 

一般的なイメージの就職活動って、

こういう短い就業経験は不利なんですよね。

 

でも、リクルートは、そこが不利になることは少ないです。

(上記はすべて受かった人の経歴なので)

 

リクルートホットペッパーの求人面接に受かるには?

  強い意志で苦しいことがあっても仕事を遂行していけるポテンシャルを見せる

 要は、「すぐめげないか」「負けず嫌いの根性はあるか」「目標達成をしっかり意識できるか」といったところ。

営業職に求められるものとしては当たり前ですよね。要はそれをしっかり、面接官に「売り込めるか」。

経歴を恥じてオドオドしたらアウトです。

堂々と、「私はこういう経歴で、こういう理由があって退職して、リクルートでこういうことを実現していきたい」という情熱を100パーセント見せること。 

なにかイヤな、つかれたくないところを突かれても、堂々と返答することが一番です。

 

ズボラなチキン
イメージとしては「ちょっと強そうやなこいつ」と思わせるぐらいが一番。
 

ちなみにホットペッパー営業になる前の私の経歴

某私立外国語大学卒業

海外営業職(アシスタント)2年

退職理由→もっと事務的な感じではなく人と触れる職業に変えたい

英会話講師1年

退職理由→給料が足りない(パート扱いのため)

決していい経歴とはお世辞にも言えません。しかも英語関係の職種から、英語が全く関係のないリクルートホットペッパーへの転職。 

それでも突破出来た①の理由は、堂々と転職理由が言えて、根性をアピールできたことが勝因です。 

  リクルートに入ってホットペッパー営業するイメージはできているか

 転職活動では、テンプレートのような質問、回答が飛び交いますよね。

御社の企業理念に共感して・・・
御社の社風が・・・
御社の商品に魅力を感じて・・・

 どこを受けるにも、とりあえずホームページをサラッと見て、言えそうなところをかいつまんで文章を作っていく。でもそれって結局うわべだけなんですよね。 

じゃあそこに何を足せばいいのか。「具体的な入社後のイメージ」です。

照り子
それを、自分自身も「わくわく」しながら伝えられるかどうか!

 もちろん、仕事内容が深くまでわかっているわけではありません。でも、そのうえで、自分なりにイメージした入社後のイメージを、「わくわく」しながら面接で話せるかどうかです。

 

ズボラなチキン
私は今でも覚えてる。リクルートの求人を見てから受ける日まで、面接が楽しみで仕方がなかった。それは、早くこのイメージした「わくわく」を、面接官に伝えたかったからなんだ。
 

具体的にホットペッパー営業面接前にした準備

 じゃあ一体どういう風に面接準備をすればいいの?と思う方もいるでしょう。

私は以下のような準備をしました。

面接準備したこと

ホットペッパーの広告媒体の読み込み。

「自分ならどういう広告(クーポン)を作りたいか」をイメージ

既存にないクーポンの書き起こし

わくわくしながら妄想

 仕事内容が完全にはわかっていないので訂正もされたものの、面接官に退出前に言われたのが

(面接官)
すごく具体的に入社後のイメージができているね。

情熱が伝わったよ。たぶん合格だからこれからよろしくね

と言っていただくことができました(※一次面接) 

予告通り、その日には合格通知をもらい、二次面接の日程が決まりました。 

  二次面接(最終面接)突破はどうするか

1.びびらない

二次面接は一次面接とは違い、部長クラスが登場します。時と場合にもよりますが、私は東京まで面接に出向きました。(交通費はもらえます)

二次面接は、①、②のコツは変わらないものの、あとは「威圧感」に負けないことです。 当時の私は「面接中に1度は面接官を笑笑いせる」をミッションにしていましたが、ピクリとも二次面接は笑ってもらえませんでした。

 

ズボラなチキン
さらに最後に、関東人だと思って関東出身か面接官に聞いたら、まさかの同じ関西出身。出身地間違えちゃうなんて、終わったかもなーなんて思ったなあ。
 

2.質問をたくさんする

前半はいわゆる面接で、質問され、それに答えていく形ですが、後半は質問をさせてもらえます。

この時に、うわべしか見ていないと、浅い質問しかできなかったり、下手をすると「調べればわかる」ようなことしか言えなくなります。

照り子
聞きづらいこと、深い質問もバンバン投げましょう。
(投げるとはいえど丁寧に)

「質問をする=会社のことを理解する努力をして、そのうえでの疑問点を投げかけている」姿勢が見せられるので、この質問数、質も確実に見られています。この後半部分は自分の準備次第なのでしっかり準備しましょう。 

二次面接=最終面接なので、「リクルートで働く覚悟はあるか」をチェックされます。なので、強い意志で、しっかり臨めるというところをアピールできることがカギです。

 

リクルートホットペッパーの営業の中途採用求人に受かるコツまとめ

 

1. 過去の職歴におびえず堂々と説明せよ

2. 辛いことにも立ち向かえる、達成意識があることをアピールせよ

3. ホットペッパーの営業になった後のイメージをしっかり伝えよ

4. 二次面接はビビるな

 

過去に新卒の就職、転職に失敗した人も大丈夫!その過去を堂々と、恥じずにしっかり話せて、根性がアピールできることが一番大事。

そして、実際にカスタマー目線として見られる媒体なので、事前にしっかり読み込み、自分なりのイメージを持って面接には臨むこと。

 一次面接さえクリアすれば、あとは、よほどビビったり、答えられなかったりしない限りは、二次面接は突破できるはずです。 

事前準備できる「質問コーナー」への備えは、リクルートの就職だけにかかわらず、どの転職活動でも有効なので、しっかり準備しましょう。リクルートライフスタイルの求人はこちら


照り子
迷ったら、【転職のプロ】に相談もおすすめ!
無料でなんでも聞けます!転職完了までの手続きも楽々♪
案件が一番おおいのはリクルートエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。