高槻のフィールドアスレチック成合コース全貌解説!関西アスレチック体験談

高槻フィールドアスレチックレビュー


アスレチックパークって、滋賀のスカイテラスや六甲山は有名だけど、実は北摂にも隠れ(と言ったら失礼か)アスレチックパークがあるのを知ってますか?

高槻に住む人に聞いても「どこそれ知らない」という人が多数。 まさに「知る人ぞ知る」アスレチックパークです。

高槻にアスレチックパークがあると知ってしまったので、いてもたってもいられず、ついに乗り込むことに成功しました。

高槻成合アスレチックパークの基本情報

高槻成合アスレチックパーク

高槻成合アスレチックパークMAP

高槻成合アスレチックパークは、家族とでも友達とでもダブルデートでもカップルでも楽しめちゃいます!まだ行っていないならすぐにGO!真夏は少し暑いかもしれませんが山の中なので意外といけるかもですね。

高槻成合アスレチックパーク情報
  • 住所 大阪府高槻市成合北の町242
  • TEL 072-688-8281
  • 営業時間 9時00分~17時00分

【料金】

  • 大人(高校生以上)700円
  • 小・中学生500円 幼児(3歳〜)300円

★そのほか

モノレール:1人300円

バーベキューセット:3000円(食材や皿は除く)

高槻のアスレチックパークって?ローカルだからちっちゃいんじゃないの?

高槻成合アスレチックパーク

女3人で乗り込みましたが、全員着くまでは甘くみてました。(ごめんなさい)。一応所用時間目安は1時間半だと聞いてたので、すぐ終わるだろうと。

高槻成合アスレチックパークの大きな特徴として、コースが2種類あります。史跡体験コースと民話体験コース。我々は今回民話体験コースに行きました。

アラサー女3人、2種類あるコースのうち、はりきって民話コースへ!ここからの道は険しいものでした…

これから高槻アスレチックパークに行く人に向けて全てネタバレすることなく、特に印象に残ったものをピックアップしてレポートします。

いきなり立ちはだかるインナーマッスルにききそうな平均台(?)

各場所には看板があって、説明書きもあるのですが、何せわからん・・・(ごめんなさい)聞くよりもやってみろ、という話なのかもしれませんね。

Takatsuki Nariai Athletic Park

↓見にくいかもしれませんが、後ろ向きに落っこちたらまあまあ重症なんじゃないかという恐怖感。そしてこの丸太がまあまあ細いんです。

Takatsuki Nariai Athletic Park

バランス力が始めから問われます・・・

高槻成合アスレチックの難易度がすこし伝わるでしょうか。

いやあ。これは本当に難しかった。これを1番に持ってきているのはわざとなのか?

この高槻成合アスレチックパークでは、ジャンプ力も問われる

これがね、謎ながら楽しかったです。ただし、身長が155センチくらいはないとなかなか厳しいのでは?あとはジャンプ力でカバーです。

Takatsuki Nariai Athletic Park

運動神経はそんなよかないけど、自分だけできて満足しました。

高槻成合アスレチックパーク口コミ

意外とジャンプしてもそう簡単には届かない・・・(女性)

↑これを両手で外側からアタックし、音を順番に鳴らしていくというもの

ぜひお試しを。

ストレスたまっている大人たちよ!力を解き放て!

高槻成合アスレチックパークはただただ乗り越えていくものだけでなく、なんとストレスも発散させてくれるんです。それがこの30番。

Takatsuki Nariai Athletic Park

この図だけではわからないかもしれませんので、こちらの画像をどうぞ。

日頃のストレスをぶっぱなせ!

そう、吊り下げられているこの短い丸太たちをバコバコ打っていく。それだけです!でもね、音もなるから結構楽しいの。

力があるぞという大人は実力を見せてみよ

高槻アスレチックパークの中でも、ここはなかなかの力試しコーナー。頑張りすぎて落っこちないように注意ね。

Takatsuki Nariai Athletic Park

力試しコーナー

大人三人んワイワイキャッキャやりましたが、大きな丸太は本当に重たかったです。男性陣なら割と余裕かな?という気がしますが。

↓勝負しましたが、そもそも大きさが違いすぎて不公平の極みでした。

高槻成合アスレチックパーク

ご覧の通り右側は重すぎて勝負にならない・・・

子供の純粋な心を取り戻せ!あみあみダイブ!

子供の頃ってわりと怖いもの知らずで、親をひやひやさせたもんです。でも、いざ自分が大人になり、止めてくれる人もいない中で、網のなかにちょっと飛び込む、というのが非常に怖くなります。それが試せるのがここ。

Takatsuki Nariai Athletic Park

ドキドキの飛び込み。頭から行く必要はありません。

子供とお仕事をしてて子供との遊びに慣れている子はすっといけました!(まあ運動神経がいいというのもあるでしょう)。ですが、後二人は躊躇しまくりました。

Takatsuki Nariai Athletic Park

躊躇しまくって小さくジャンプしかできなかった人。

いかに自分が大人になってしまったかが分かって面白いと思います。

モンキーになれるか!?目指せ忍者!

上のロープを頼りに、自分の体重を預けつつ、飛び石ならぬ跳び丸太をぴょんぴょん飛んで向こう側に行きます。勢いをつけないと逆にやりにくいんです。

Takatsuki Nariai Athletic Park

忍者になった気分になれるかも

実際のモンキー忍者をどうぞ。

高槻成合アスレチックパーク

勢いが大事!

子供の頃はできてたのに。な前回り地獄も。悲しいことに、 もう子供じゃないんだって思い知らされる場面が。

それが「前回り」大体の人は出来てましたよね。小学校時代。

でも私たちの体はもう、そんな体じゃないんです。

それでもピー●ーパン症候群な私が頑張ったのがこちら。

高槻成合アスレチックパーク

今更前回りだなんて!

必死すぎて目も当てられない。。ってほっとけーい!

高槻フィールドアスレチックに持っていくべきもの

では、高槻フィールドアスレチックの魅力は伝わったことでしょう。実際に行きたい!と思ったそこのあなた!先日行ったばかりの私が必需品を伝授するのでここは読んでいってください。

アスレチックパークに行くなら必要なものその1.冷感汗拭きシート

汗拭きシートだけなら普通ですが、汗を拭いた後はそのまま、首の後ろに貼り付けるんです!これが思った以上に涼しい!

これに何度助けられたことか!私たちはレディースの汗拭きシートですが、 メンズ用ならもっと気持ちいい、いや冷たいことでしょう。

そんな汗拭きシート首にはっつけて歩くの嫌だ!という方は冷感タオルも◎振り回すだけで冷たくなる優れもの。

アスレチックパークに行くなら必要なものその2.虫除けスプレー

なんなら1位にするか迷いました。虫、山奥なんでめっちゃいます!(ひいい)!で、山に住んでらっしゃるので仕方ないですが、蚊に噛まれるのだけは避けたいですよね。なので、虫除けスプレーは必須です!!

最近はアロマの香りの虫除けスプレーもあるので、嫌な匂いを我慢しなくてOK♪

アスレチックパークに行くなら必要なものその3.首かけボトルホルダー

ペットボトルって邪魔なんですよね!でも身軽に動きたい!結局私はカバン持ってうろうろしましたが、荷物を最小限にしたい場合はペットボトルホルダーがあると便利!

アスレチックパークに行くなら必要なものその4.やっぱりGopro


せっかく行くなら映えとか面白い写真撮りたい!と思うのなら、Goproレンタルがおすすめ!やっぱり広角で取れるのは全然違います。携帯との差は歴然!

買うと最新機種で60,000円越えしますが、レンタルなら1800円〜借りられるんです!!

アラサー女三人が高槻アスレチックパークを本気で頑張った結果

結論からいくと、ほぼリタイアすることなく(各々できないもあったけど)、なんとか終了しました。

なんせインスタ映えをテーマに動く私たち(映えてないかの結果は置いておいて)、いちいち撮影しながらいったこともあって3時間かかりました。

目安は1時間半だそう。

次の日は言うまでもなく、筋肉痛に襲われました。

まとめ:高槻成合アスレチックパークは西日本第6位!行く価値アリアリな場所だった

高槻成合アスレチックパーク

高槻成合アスレチックパークは西日本第6位!まじか。

実は高槻成合アスレチック、関西にある中でも優秀なアスレチックだったようです。

たしかにまあまあアスレチック行ったけど、 やってみたら難易度は結構ありました。

そして、今回は難しい方のコースしかやってないけど、もう一つあるので、 2種類頑張ればその日にも楽しめちゃうんですよね(きっと大人はへろへろです)。

カキ氷や食べるものも飲むものも売ってるし、家族でも、友達とでも、カップルでもわいわいできるのではないかと思いました!

関西のおもしろスポットは他にもあるよ

おすすめ関西スポットのレビュー記事はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。