【効率重視】失恋から立ち直るのに一番早くて効率的な方法とは?

失恋から立ち直るのに効果的な方法

失恋。それは誰もが経験したことがある辛くて苦しい体験。1度で済むラッキーな人もいるし、(ゼロもいるかもだけど)何度も経験してしまう人もいますね。(私もそのうちの1人です)。他のことなら数をこなせば慣れるのに、失恋だけはいつまでたっても慣れることがなくつらいもの。

もともと私は超絶過去を引きずる女で(過去記事参照)、一番好きだった人は5年以上引きずり、たった2か月付き合った彼に対しても1年近く引きずりました。

「早く立ち直りたい」のか「この痛みを忘れたくない、彼をまだ忘れたくない(このままもう少しいたい)のかで、この記事を読むべきかどうかが決まります。

「早く立ち直りたい」ならこのまま記事を読み進めてください。

まだもう少しこのまま引きずりつつゆっくり癒したいならこのページへ。

ゆっくり立ち直りたい人へ
失恋から立ち直るための方法

失恋から早く立ち直るためには:自分の承認欲求を満たそう

自己承認

失恋直後って、自分自身への自信がとてつもなくなくなっています。「私なんてどうせいい人に出会えない」「もう彼氏ができないかもしれない」「私なんて私なんて」そんな風に、自己否認に入ってしまいます。

このまま恋ができないのかというと、そうではありません。でも、自己評価が下がっているときって、その下がったあなたが思う自分のレベルと同等の人しか寄ってきません。というより、そういう「低いレベルの人」を間違って選んでしまったりします。

だから先に「もう一度あなた自身を承認してあげる」んです。今まで、この承認欲求は多かれ少なかれ彼に満たされていたでしょう。「自分を好きでいてくれる人がいる」というだけで、承認欲求ってある程度満たされますからね。

この失った承認欲求を満たすのに、手っ取り早い方法が一つあります。

それは、「他のだれかに褒められる、会いたいと思われる」ことを感じることです。

 

自己承認欲求を満たすために:誰かと簡単にコンタクトを取れるのは、恋愛マッチングアプリPairs!

ペアーズ

まだほかの人と出会う心の準備ができていない?いいんですそれで。別に、よくあるベタな恋愛本のように「傷ついた恋には新しい恋だから出会いに行け」というつもりはありません。あれはもちろん、理にかなっていますが。

それより前段階です。取り合えず、気を紛らわすにも、「ほかの人と連絡を取ること」は思っているより効果的です。それこそ連絡を取る中で、顔がタイプの人ともコンタクトを取るでしょうし、「恋愛準備」ができてたらタイプだな、みたいな人とも連絡を取ることができます。

そういった意味で、「ほかのだれか(男性)と連絡を取る」のは全然悪いことでもなんでもなく、効率もいいんです。

乗り気じゃなくても、相手が乗り気で「かわいい」とか「会ってみたい」とか言われれば、悪い気はしませんし、同時に自分の恋愛市場における「受容」の把握にもなります。

自分の需要を把握していくうち、自信の存在を再び肯定することができるようになるのはもちろん、異性の誰かと連絡をとることで、失恋の痛手の気を紛らわせることができます。

せっかくなら、会員登録数が多いところの方が、「あわよくば」良い人と出会えるかもしれません。そこで、失恋の痛手をいやしつつ異性とやり取りするならpairsがおすすめ♪

Pairsがおすすめな理由

✅累計会員数800万人突破
✅15万人以上に恋人ができた実績
✅毎日約5,000人が登録
✅結婚された夫婦・交際に至ったカップルの実績多数

実際にpairs幸せレポートには、実際にカップルになった人のエピソードも多数載っています。

もっとリアルな声は、ツイッターにも!知り合って付き合っている状況をツイートしている幸せそうな人を見れば、失恋直後でも少し前向きな気持ちになれるかも!?

色々な人とご飯にいくことで、「デート」の感覚をまずは取り戻す

男性とご飯に行く

彼とデートしていた時は、ほかの男の人とのデートは控えていたことでしょう。ほかの男性を見てみるという意味でも、気軽にご飯には行ってみるべきです。そこで楽しめたら新たな恋の可能性だってあるし、違うと思っても、男性から「女性として認識されている」前提で会うマッチング李での出会いは、あなたの女性としての自覚を再認識させてくれます。

色々な人とのやりとりに忙しくて、寂しい、悲しい気持ちに浸る物理的時間が無くなるのも、立ち直りを早くする一因です。

実際にPairsのおかげで失恋から1か月で立ち直り、モテモテになった女性も

元気になった女性

失恋から切り替えるタイミングってすごく悩むと思います。「まだ引きずっていた方が楽なような、さっさと次に進みたいような・・・。」登録するという一歩は重い腰を上げる感覚にはなりますが、登録という壁さえ突破してしまえば、あとはいいねをひとまず待つだけでもいいのです。

「いいね」はあなたを女性として「いいね」と言われた数です。一人の男があなたを捨てたとしても、あなたを魅力的に感じてくれる男性は5万といることを少しでも認識できるきっかけとなるでしょう。

知人は失恋直後「私の何が悪かったのか」「どうすればよかったのか」など自分を責め続けました。でも、彼女に実はこの場合非がなく、責めるだけ自分を傷つけてしまうような形になっていました。

そこで、気を紛らわすためにも、pairsを再開。みるみるうちにTOPに上るいいねを獲得し、少し自信を取り戻した様子でした。あなたの市場価値をもう一度いい意味で認識し、良い恋を次にするためにも、登録も無料なので「とりあえず」やってみるのはいかがでしょうか。

※男性は有料です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。