【コロナ対策】イブプロフェンは飲んじゃダメ!ついにWHOが発表

イブプロフェンは 危険!?

風邪をひいたと思ったら、まずは症状を抑えるために、風邪薬を飲む人も多いのではないだろうか。そして、そんな日本の風邪薬に多く含まれているのが、イブプロフェン

まだ詳しいことは調査中のようだが、コロナウイルスに感染し、重症化した若者が、実はイブプロフェンを服用していたことが分かった

新型コロナウイルスに感染し重症化した若者は・・・

sick

今、コロナウイルスと言えば「若者は重症化しない」と投げかけているが、どうやらイブプロフェンを服用してしまうとそうはいかない可能性も。

実は3月14日、 フランスのベラン保健相は、イブプロフェンを服用しないように国民にすでにツイッターで呼びかけていた。

これが実際のツイート。

訳:抗炎症薬(イブプロフェン、コルチゾンなど)を服用することは、感染を悪化させる要因である可能性があります。発熱した場合は、パラセタモールを服用してください。
すでに抗炎症薬を服用している場合や疑わしい場合は、医師に相談してください。

もちろんまだ可能性の話に過ぎないが、可能性がある以上、少しでも避けた方がいいに決まっている。

WHO報道官、「イブプロフェンではなくアセトアミノフェンを」

WHO

参考画像:France 24

WHOの報道官は、「まだ証明する研究結果がなく、調査を進めている段階」だそう。そうしながらも、「当面は家で服用する場合、イブプロフェンではなくパラセタモール(アセトアミノフェン)の服用を勧める」とした。

すでに薬局では、アセトアミノフェンを使った風邪薬の数が減少傾向にあった。今の世の中、あふれる情報の中で、正しい情報を選び、対策するのは自分次第。

万が一かかっても通常重症化しないで済むはずの若者たちよ、他人事とせず予防対策はぜひとも取り組んでほしいものだ。

面倒でも薬箱の裏側確認を

one

私もこのニュースを見て、慌てて普段ほとんど使うことのない薬箱を開いた。たまたま、私の場合はイブプロフェンを含む薬は持ってなかった。が、イブプロフェンは日本で薬に使われているもの。うっかり使ってしまわないよう、コロナが流行っている今は、使用は控えた方がいい。別の袋や容器に入れてよけておくとか、自分が間違って服用しないように気を付けよう。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。