7畳ワンルーム一人暮らしでプロジェクター!?ホームプロジェクターDP1120を買ってみた結果

ホームプロジェクターDP1120レビュー


世間では最近、プロジェクターに関する宣伝を目にすることがある。

ガジェット大好きな私は、興味が止まらなかった。でも一つ疑問が。

「7畳のワンルーム一人暮らしでプロジェクターなんて映るか?スペースあるか?」と。

当然そんなスクリーンを大きく置くスペースなんてない。でも欲しい。

そんな私が買ってみたレビューを紹介しようと思います。

今回買ったプロジェクター

ホームプロジェクターDP1120レビュー

今回私は楽天の買い物セールの時に、DP1120というホームプロジェクターを購入しました。

プロジェクターのスペックはこちら。

DP1120ホームプロジェクタースペック
  1. 大きな画面でより良い視聴体験を得る
  2. 高品質のスピーカー2個搭載
  3. 台形補正機能で様々場所に適用
  4. 静音設計でノイズから離れる
  5. 720Pリアル解像度で鮮明な映像を楽しむ
  6. 軽量で持ち運びやすい

※楽天ページより参照

楽天ページの特徴以外に付け加えたいのは、

  1. DVDレコーダーと繋げればテレビも見れる
  2. FireStick TVも使用可能
  3. Switchを繋げてゲームも可能
  4. ある程度明るくても見れる
  5. 寝転がって天井に映すのも可能

結果を言ってしまうと、私は今回買って満足だ。なんならテレビを手放そうかとすら思っている。

では実際に、謳われている特徴が本当かどうか検証していこうと思う。

レビュー1:より大きな画面で良い視聴体験は得られるか?

ホームプロジェクターDP1120口コミ
さて、商品ページで言っていた大きな画面でいい視聴体験は得られるか。これに関してはYESだ。
これに関しては先ほど挙げた、
5.寝転がって天井に映すのも可能
というところも併せて紹介するのだが、
大きなテレビがない家でも大画面で視聴できるのはメリットでしかなかろう。

ただし、大きく写すには写す場所にプロジェクターを近づける必要があるので、天井に大きく写したい場合は、相当高い三脚を用意しないと難しいかもしれない。

でも、普通にテーブルの高さくらいから天井に映しても、今私が映しているよりもはるかに大きな画面でみることができるので私自身は満足だ。

ちなみに、この間たまたま風邪で寝込んだのだが、寝込んでいる時も寝たまま天井に映して動画をみれるのは非常に楽だった。
レビュー1まとめ
大画面での視聴は楽しめる。しかも寝転がって。風邪の時も便利。

レビュー2:スピーカー2個搭載、本当に高音質かどうか

ホームプロジェクターDP1120口コミ

さて、商品ページには、

「高音質なスピーカーが2個ついている」とある。果たして本当だろうか。

これに関しても私は大きく頷ける。音質を文章では伝えづらいかもしれないが、実は私はYoutuberをやっていて、自分が話している動画をみることができる。

それで恥ずかしながら自分の動画をみてみたら、本当に自分が話しているかのような声だったのだ。友人に関しても、あたかもここにいるかぐらいリアルに聞こえたのである。

なので、 音質はかなり良いのではないかと思う。ただ、音に拘りたい人は別途スピーカーとかがあったほうがいいのかも?

レビュー2まとめ
声もリアルに聞こえる。視聴にも問題ない高音質。

レビュー3:台形補正機能で様々な場所に投影


台形補正というのはそもそも、普通プロジェクターって真っ直ぐ光を当てないと四角く映らないのだが、現代の技術を使うと、斜め下から真っ直ぐな壁に映し出したとしても、少し調整することでちゃんと綺麗な四角にすることができるのだ。

私は感覚派なのでそんなに説明書はみなかったが、リモコンを押すとすぐに台形補正の調整もできた。

私の場合は天井に映すときもあれば壁に移すこともあるので、その度にリモコンで角度は調整する必要がある。自動ではない。

まあ、そんなにあちこちでプロジェクターを見るわけではないのなら、別に一回設定してしまえばあとは快適に使うことができるだろう。

レビュー3まとめ
台形補正は簡単にリモコンでできる。

レビュー4:静音設計でノイズから離れるのは本当か

プロジェクターで一番口コミの中で差があるのがノイズの部分ではないだろうか。かなりの光量を発するので、どうしてもその機械音は消し切れないのだろう。

確かに機械音はする。でも、「うっるさい!!」とは思わない。

私は到着以来毎日これでアマゾンプライムでドラマを視聴しているが、音で集中できなかったなどのトラブルはない。

これに関しては私が疎いのもあるかもしれないが、一般的な人では問題ないのではないだろうか。

レビュー4まとめ
ノイズは全然許容範囲

レビュー5:720Pリアル解像度で鮮明な映像を楽しめるのか

ホームプロジェクターDP1120口コミ

これに関しては私は壁に直接写してるぐらいなので、特にこだわりはないが、 かなり綺麗にみえていると思う。

プロジェクターは画質が落ちるという人もいるが、私は「大画面なのに綺麗に映ってるなー」という印象だった。

これに関してはみてもらたほうが早いのでいくつか写真を載せておく。

 

レビュー5まとめ
画質は綺麗

レビュー6:軽量で持ち運びやすいのは本当か

ホームプロジェクターDP1120口コミ

さて、重さだが、これはなんとも言い難い。950グラムとのことで、特に不満はないが、今は大量に軽量タイプのホームプロジェクターもあるし、もっと小さいサイズの物もある。

なので、軽量でどこでも持ち歩きたい!という人であれば、ちょっとこのプロジェクターは違うかもしれない。

「重い」の定義によりけりだが、普通の携帯用の3脚にこのプロジェクターはつけられない。重くて倒れてしまう。これで重さの想像がしていただけるだろうか。

私はたまたまカメラ用の3脚を持っていたので、そこに取り付けて使用しているが、ちゃんと3本脚が開くタイプのしっかりした三脚でないと取り付けは難しいと思う。もちろんタンスなど高さがある家具に置いて使用するのもいいと思うが、 寝転んで使用するなら三脚はあったほうがいいだろう。

レビュー6まとめ
重さは950グラム。重いととるか、軽いと取るか。

DP1120ホームプロジェクター筆者追加の特徴

question

さて、ここまでは楽天商品ページに載っていた特徴に基づいてレビューしていったが、いくつか追加して解説したいと思う。

疑問:テレビ代わりになるのか

私自身プロジェクターを買うときに一番検索したのがこれ。将来的にプロジェクターに満足したら、テレビを手放したいと思ったからだ。

ほとんど見ないが、念のため置いておきたいと思う人は私だけではないはず。

これに関しては、DVDレコーダーを持っていれば、HDMIケーブルで繋いでテレビをみることが簡単にできた。

持っていない方はチューナーが別途いるのかな。

FireTVStick使用可能


これに関しても一応述べておきたい。私がさらに気になるのは、GoogleクロームCastを使っている人も多いと思うので、これが対応かも知りたいところだが、まずFire TVに関してはしっかり観れたので安心してほしい。

Switchも使用可能

フィットボクシング

これに関しても自分が持っていたので試しただけだが、難なく使用することができた。テレビに繋げていたHDMIをプロジェクターに指すだけ。大画面でフィットボクシングはなんかやりごたえが違ったぞ。

ある程度明るくても視聴可能

ホームプロジェクター一人暮らし

お昼間に多少あかりが入ってきてもしっかりみれる

もちろん「映画見るぞ」って感じで気合入れて暗くするのもいいと思うが、ご飯食べながらドラマみたい人もいるだろう。

ご飯食べる時真っ暗は不便なので、ちょっと 暗めのあかりでプロジェクターをつけるのだが、それでもバッチリ視聴することができた。

豆球よりも明るいのに、だ。なので、明るさは詳しくないが相当あるのだろう。

寝転んでみれる

ホームプロジェクターDP1120レビュー

これも私のプロジェクター検索時のマスト事項だった。だって、これぞテレビのできないことじゃない?

張り切ってやってみたが、先述の通りバッチリ。ただ注意したいのが、本体をただ寝かせて床におけばいい、ということではないことだ。

配線がプロジェクターの背面にあるので、線を押しつぶすことになってしまう。なので対策としては、 三脚を買うか、もしくは網目状の100均一などでも売ってる台を買って、配線を後ろから逃してやる形で横に倒すか、だ。

私は子供はいないが、子供の寝かしつけにもピッタリとどこかの記事に書いてあったので参考にどうぞ。

一人暮らしにホームプロジェクターは要る?

Good

むしろ、テレビを買わずにホームプロジェクターでいいのではないかと思うくらいだ。

今時ネットでドラマも見逃し配信で見れるし、ドラマや映画はVODサービスでみれる。テレビは生き残りをかけて必死にならなければならない時代も近いのではないだろうか。

というわけで、今回7畳のワンルームにすむ独身女がプロジェクターのレビューをさせていただいた。参考になれば嬉しい。

私は買って良かったと思う。これで生活の質をあげられるなら、15000円でお釣りがくるレベルであれば、投資の価値はあるのではないだろうか。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。