【リアル】死にそうに辛い失恋からの立ち直るための6STAGE

大好きな彼氏に振られて辛くて辛くて苦しいあなたへ。

私も8年前、大好きだった、実質の初の彼氏に
元カレ
もうお前を女としては見れない
ときつーーーく振られ、こっそり思い続けていたら半年経たぬうちに超絶美人な彼女が出来て5キロ以上一気にショックで痩せてしまった過去の持ち主です。
当時大学が同じだった彼。別れても時々出くわしてました。会うたびにあまりにも違う態度に何度も泣きました。
誰にも言ったことはありませんでしたが、振られてから一年は、泣かない日がなかったほどです。

 

「死にたい」と思ったこともあったし、倖田來未の「人魚姫」の歌詞にもありますが、「泡になって消えてしまいたい」とも思いました。

 

「あの人以上なんているわけない」

 

そう思い込み、塞ぎ込み生きてきました。表向きは2年ほど経って立ち直り、恋活もスタートさせましたが、それでも思い出さない日はありませんでした。

 

 

復縁の本も読み漁るも、実行する勇気もなく、もう誰にも愛されないのか、まだいけるのかと試す形で別の人と付き合ったこともありました。ここまで読むと、ドン引きしてくれる人もいるでしょう。むしろしてほしい。これはなかなか重たいタイプです。笑

 

そんなおよそ8年間の暗い失恋トンネルを抜けた私が、失恋から立ち直る方法を順を追ってご紹介します。

STAGE 1.失恋直後 「とにかく泣く」

「泣いちゃダメ」とか「泣きたくない」なんて思わないで。
この時点では、「忘れなきゃ」も思わなくていい。辛い感情に無理やり蓋をしようとすればするほど、苦しくなり、かえって長引きます。
骨折した人が無理やり練習して悪化して回復が遅くなるのと一緒。一人で泣いてもいいし、誰かの胸を借りてもいい。
とにかく、全力で今の気持ちに向き合うべきなんです。
辛い時は、辛いという気持ちを受け止めてあげることが大事です。
辛口アドバイザー
逃げないで。より時間がかかるように聞こえるかもしれないけどこれが一番の近道だから。

そして、今は信じれないだろうけど、このときの後悔、涙が、あなたを優しく、イイ女にするんです。
「涙の数だけ強くなれる」って歌詞があるけど、「涙の数だけ優しくなれる」もあるということ。

どんだけ泣いてもいい。いつか来ます。その人のために泣けなくなる日が。私は結局8年かかったけど。今はどう振り返っても泣けません。その人に対する一生分の涙を流し切ってしまいましょう。

STAGE 2.押し寄せる後悔の感情と向き合う

寝ても覚めても後悔がやまない。「もう一度チャンスがあれば。」「時間を戻せれば。」

ただただ別れる前に戻りたい、という後悔から、「あのとき〇〇すれば良かった」「あんなことしなければ」と、具体的な行動に関する後悔が始まります。

苦しいです。自分を責め続けるから。どんなに後悔したって、今更こっちが正解だったんじゃないかなんて思ったところで、時間も行動も巻き戻せない。どんどん自己嫌悪に陥ってしまいます。

これも、未来の自分がよりよい女になるための試練だと思って、真正面から自分に向き合ってください。今ここでしっかり苦しめば、未来は変わります。

むしろ思い出せるだけ思い出して、後悔してください。具体的に2人がダメになった原因を。

後悔チェックポイント例
◻︎強がりすぎた
◻︎素直になれなかった
◻︎束縛しすぎた
◻︎思いやりが足りなかった
◻︎言いたいことを言えなかった
◻︎お互いが気を遣いすぎてた
◻︎お互いが気を遣わなさすぎた
◻︎ワガママ言いすぎた
◻︎女でいる努力をしなくなった
◻︎優しさが足りなかった
◻︎全然尽くしてなかった
◻︎尽くしすぎてお母さんになってしまった
◻︎会う頻度が足りなかった
◻︎会う頻度を求めすぎた
◻︎話す時間が少なかった
◻︎連絡を強要してしまった
◻︎レスになってしまった

気づけば気づくほど苦しいです。
でも、次の恋愛で幸せな関係を築くために、こんな苦しみ最後にするために、思う存分苦しんでください。

傷つけば傷つくほど、優しくなれるはず。

その「優しさの源」は、苦しい思いをしていればしているほど、本当に運命の人と一緒になった時に、そのありがたみをひしひしと感じ、より大切にできるようになる、ということ。

この段階の後悔が、さらに未来の相手を大切にするということです。全ては最終的に結ばれるべき相手と幸せに結ばれるための試練です。

2度とこんなつらい失恋を繰り返さないために、今の痛みが必要なのです。幸せな未来への試練であり、ただの通過点です。

今は思えないかもしれないけど、いつか、「あの人と別れたおかげで今の人に出会ったんだ」って思える日が必ず来るはず。

来るか来ないかはあなたのこれからの行動次第です。

新しい出会いを探しに行く前に、思いっきり後悔して、泣いて、傷ついてください。

後悔の嵐が押し寄せた時に大切なこと:感情に任せて連絡しない

まだ大好きなのに、その気持ちを伝えられない…その状況、死ぬほど苦しいし、連絡したいですよね。わかります。でも待って。じゃあ、あなたが逆の立場だったらどうですか?

付き合った人とこのまま続けていくのはなんか違う。でもめちゃくちゃ好きやったし、どうしよう。でも・・・

あなたにとって大恋愛なら、相手だって苦渋の決断だったはず。でも結局は、相手は別れることを選んだ。

悩みに悩む期間を経てやっとの思いで別れたのに、相手からの電話、LINE、SNSで「やり直したい」攻撃。

すっと受け入れてくれてたら、こちらも心の整理ができるのに、こうもすぐに自分の気持ちを押し付けられては、悲しむ間もなくなり、イヤになってきます。イヤになられたら、復縁の可能性は連絡をするごとにどんどん低くなっていきます。

別れるときに最後にできる優しさは、受け入れて手放してあげること。
今後どうするかはさておき、まずは別れを決断した相手に最後の思いやりを持ってください。

STAGE3.友達に何度でも話を聞いてもらう

感情を外に出すのも大事。思い出話でも、後悔していることでも、ただただ辛い気持ちでもいい。今の感情を外に出しましょう。
失恋は1人で立ち直ろうとすると人の助けを借りるより3倍かかるとも言われるくらいです。

 

どうしても誰かに頼って泣き言を言えない場合は、ペットでも植物でも良いし、なんならツイッターでもいい。ブログでもいい。
「吐き出す」という行為は大切なのです。吐き出すことによって、自分自身の気持ちの整理がついて来ます。

 

なんでこんなに辛いのか、何を後悔しているのか、これからどうしたいのか、など。
あまりにも長引くとだんだん友達も「早く忘れなよ」とか急かす方向にも行ってしまうかもしれません。
そうなった場合でも、まだ吐き出し足りない場合は、吐き出し口(人、方法)を変えて、「もう吐くもんない」ところまで自分の辛い気持ちを吐き出しましょう。

 

これも我慢したり、遠慮したりすると長引く原因になります。
私も今まで何人の友達に、何回聞いてもらったかなんて、多すぎてわかりません。(人数と言うより、回数ですけどね)。目の前で泣いたこともあったし、痩せたことも心配させたし、当時聞いてくれた友人には感謝しかありません。

STAGE4. 失恋ソングを聴いてまた泣く

失恋ソングって、失恋している時はなんだか自分のための曲に思える歌、結構あります。これを聞くことで、「辛い思いをしているのは自分だけじゃない」と思えますし、錯覚ですが、共感してもらえている気持ちになります。

 

「まるで自分の気持ちを代弁しているみたい」な曲に出会えれば、アウトプット(STAGE3:友達に何度でも話を聞いてもらう)と同様の効果もあります。自分の辛い気持ちを、誰かに受け入れてもらう、表現することで今の自分を肯定し、時間とともに傷を癒していきます。

 

だから、「自分の気持ちを代弁しているみたい」な一曲を是非見つけてヘビロテし、泣ききりましょう。

STAGE 5. 自分磨きをする

涙が枯れたら、次は自信を取り戻しましょう。

 

失恋するということは、自分を大切だと認めてくれていた人を失うということ。多くの人は失恋後、自分への自信を失くしてしまいます。

 

自分自信に再び価値を見出し、自信をつけないと、いい恋を引き寄せられません。そのままとりあえずよって来てくれる人に依存してしまったりして、また上手くいかなかったりすると、どんどん自己評価が下がり、さらにダメな恋愛を引きつけてしまいます。

 

出会いに行くよりも先に、自分磨きをするのは、遠回りにも見えますが、まずは自信を取り戻すのが先決です。外見も中身もバージョンアップして、「失恋前よりいい女」だと思えるようになりましょう。

 

自分の価値をしっかり認めてあげられるくらいに回復したら、もう次のステップに進む準備は万端です。

 

STAGE 6. 立ち直り宣言、恋活開始

親しくて失恋したことを知っている友人たちは、そっとあなたを見守っています。あなたがひとたび、「立ち直った」と宣言すれば、喜んで力になってくれるはず。

 

合コンの誘いがくるかもしれないし、紹介してくれるかもしれない。一緒に恋活してくれる人だってでてくるかもしれません。
自分が心から【復活した】と思ったら、周りに積極的に復活宣言をしましょう。これが、新しい恋を掴む為の恋活の第一歩です。

辛い失恋から立ち直るための6STAGEまとめ

失恋はものすごく、ものすごーく辛いです。でも、「終わらないトンネルはない」のも本当だし、「止まない雨はない」も事実。あとは、「明けない夜はない」

 

今あなたが感じている苦しみは一生続くものではありません。続かせてはなりません。
「一刻も早くこの苦しみから逃れたい!」と思います。分かります。ならばまずは、あなたがそこまで苦しんでいることを、自分自身受け止め、受け入れてあげましょう。

 

悲しみにひと段落がついたら、今回の恋の反省をしましょう。何がいけなかったか、どうすべきだったかを把握することで、次に素敵な人に出会った時に同じ過ちを繰り返さずにすみます。反省と同時に、【自分の理想の人】も考え直し、更新しましょう。
「泣き切った、もう彼への涙は出ない!」と思えたら、自分磨きをし、魅力をつけて自分への自信を取り戻しましょう。失恋直後は自尊心もズタズタです。これを復活させないことには、「いい男」を見極める目も復活できません。

 

自信も取り戻したら、最後は、心配かけた周りに「復活宣言」です。これで、恋活も開始できます。この頃には涙も枯れ、自尊心も取り戻せているので、しっかりとした目で男性を見極められるでしょう。

 

どんなに辛くても、いつか「こんなに辛かったなあ」って過去のことにすることができます。焦らずに、自分と向き合っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。