映画「ずっと独身でいるつもり?」を見たアラサー女の感想

Smile

密かに上映されていた「ずっと独身でいるつもり?」をやっと観たので、素直に感想を書きたいと思います。

一言で言うと「うわあああああ」って感じ。

筆者はアラサー独身です。 将来の不安がよぎることもしばしば。

別に結婚今めちゃくちゃしたいわけじゃないけど、このまま1人にならないためにやっとかなきゃ、って義務感で婚活してる感じです。(これは映画の話ではありません。どんな奴がレビューしてるのかをお伝えするためのものです。

世界の風潮はまだまだ「結婚=勝ち組」

結婚

正直なところ、日本って海外に比べても特に遅れてて、「結婚できる」「結婚できない」って言う表現がいまだに当たり前に蔓延ってます。

本当だったら「結婚する・しない」の【意思】の問題のはずなのに、です。

そんな日本の世の中をしっかり描いているのがこの映画。

「ずっと独身でいるつもり?」登場人物

主な登場人物は四人。

田中みな実さん演ずる本田まみ(35歳)は、10年前に出版が売れに売れ、金銭的にも精神的にも独立しているライター。

本田まみの書籍のファンで、独身・しっかり自立している市川実和子さん演ずる由紀乃。

幸せそうなインスタグラマー主婦を演じつつ実は不満でいっぱいの徳永えりさん演ずる彩佳。

パパ活で生計を立てる松村沙友理さん演ずる美穂(26歳)。

\アマゾンプライムで無料配信中/

人生に迷いが多少ある人は、既婚でも未婚でも染みる・・・

woman

それぞれが人生に迷いながら、見えない何かに怯えたり負の感情を抱きながら生きていく映画。ほんと、アラサー独身女が見たら、しみるに決まってるやんけ・・・。

と言うわけで、以下もう少し掘り下げて話していきたいので、ネタバレされたくない方はここで引き返してください。

\アマゾンプライムで無料配信中/

 

ネタバレあり:誰の生き方に共感するか

この映画って「誰に共感するか」みたいなところも楽しむ一つとして大いにあると思います。

独身の苦悩

woman

私の場合は完全に田中みな実演ずる本田まみに共感しっぱなしだった。年齢を重ね、周りからのプレッシャーや言われようで、だんだん一人で生きていくのが怖くなり【結婚しなきゃ】【結婚したい】とうわべで思うようになる彼女。

ある日コメンテーターで出たテレビ番組で「孤独死は怖くないけど、一人で生きるのが怖い」と発言し、元ファンにネットでたたかれる。

「一番寂しい女って、ひとりぼっちのことじゃなくて、【ひとり】に耐えられなくて誰とでもすぐくっついちゃう女だよね」

わかる、この考え方も物凄くわかるし、世間体を気にしたり、周りからの評価を気にして「結婚しておきたい」って気持ちも痛いほどよくわかる。

結局その時に付き合っている彼氏が結婚する気になって、価値観が違い、いっぱい我慢しつつも、結婚に向けて走り出すまみ。

痛いほどわかる。私も「結婚につながるならある程度目をつぶろう」って、価値観も違えば嫌なとこ大量に見える相手と3年共にしたからね。。

結婚したいわけじゃない。でも、「結婚してない女」の評価って、既婚の皆さんが思っているよりもしんどいんです。

既婚者の育児、夫婦関係の苦悩

couple

かたや、結婚していて世間で言ういわゆる「勝ち組」なのに、夫への不満を言えずに、ほぼワンオペで家事育児をこなす彩佳。

「結婚していても孤独」と彼女は言った。

実際に、日本社会において、少し割合は変わり、育児に積極的な男性が増えたとはいえど、私の周りだけ見ても、まだまだ女性が家事育児を8割やっているといっても過言ではない社会。

「イクメン」って思ってる男性は本当のイクメンではない。まさに、この映画がそれを描写しています。

すごい、今の日本社会を風刺している映画だなと思いました。

\アマゾンプライムで無料配信中/

どの生き方が正解なんてない

smilewoman3

この映画で伝えたいのは「生き方に正解なんてない」ってことだと思う。既婚でもいいし、一人で自立して生きていくのが「望み」なのであればそれも立派な生き方。 一番大事なのは、最後にまみが由紀乃に聞いていた「あなたは今、幸せですか?」ということ。そしてまみの「私は今、幸せです」が笑顔で言えるかどうか。

周りの意見に振り回されて人生を決める人もいるが、できれば自分自身の人生、自分の決断で責任もって生きていきたいものだ。

人は簡単に「結婚まだ?」「子供まだ?」「家まだ買わないの?」とか、一昔前の王道の人生ルートを人に突きつけるけど、そんな言葉を発したことに責任まで取ってくれる人はいない。

仮にその言葉に後押しされてプレッシャーを感じて行動し、不幸な結末になったって、守ってくれるわけではない。

だからこそ自分の心の声に素直に従い、なるべくその声を尊重する形で生きていきたいものだ。

そして、考えもせずに、自分の「当たり前」を人に押し付ける発言を一人でも多くの人がしなくなる世界ができたらいいのになと説に願う。

\アマゾンプライムで無料配信中/

アマゾンプライムオリジナルは、あの有名な「バチェラージャパン」も見れますよ!全てのシーズン見ましたが、2~4、特に4がおすすめです!お家時間が増えている今だからこそ、月額500円で見れるアマゾンプライムで動画時間を楽しんでみてはいかがでしょう?

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。