関西にいて好きになれる人に出会える確率は?関西の総未婚人数は約1,893,792人!?

失恋して落ち込んだり、恋活をしているのになかなかいい人に出会えないと、
「自分は一生1人なんじゃないか」とか
「良い人なんていない」って思いがちですよね。

そんな中(どんな中)ブルゾンちえみさんの

35

のネタはずいぶんはやりましたね!
あれは本当にいい点を指摘していると思います。
可能性はしっかりあるんだって。

では実際に、関西に住んでいる私が、
運命の人と出会うのは何パーセントなのか、
データをもとに計算してみました♪

35億までいきませんが、
「こんなにいるんだ」と思ってもらえれば幸いですし、
今彼氏がいる人は、この確率の中から出会えたんだと幸せをかみしめていただければと思います。

(統計局ホームページより)

まず、20代女性が主に恋愛対象となりうる年代は20~34歳と仮定し、この世代の人数を調べる。

11,400,000人!
せんひゃくじゅういちまんよんせんにん!!

これは、全世代人口のうちの16パーセントに当たります(すくなっ!)

では、この割合を応用して、関西にターゲットを絞ります。
京都、奈良、和歌山、兵庫、大阪の5県を合わせた総人口は19,727,000人。

この人数には全世代が入っているので、20~34歳は全体の16パーセントだったことを応用し、
計算します。
19,727,000(関西5県全世代人口)×16%=3,156,320人!!

関西の未婚者の数は!?

いくら年齢対象だろうが既婚では意味がないので、

だいたいの未婚者数を計算します。

20-24歳の未婚率95
25-29歳の未婚率72.7
30-34歳の未婚率47.1

ここではより適齢期の25-34歳に絞って話します。
全体の約60%が未婚と仮定しましょう。

とすると、
3,156,320人(関西の20-34歳の人口)×60% =

1,893,792人!!

照り子
ひゃくはちじゅうきゅうまんさんぜんななひゃくきゅうじゅうににん!
三重県の人口がちょうど180万人くらいなので、
三重県に住む住民すべてが関西に住む結婚可能性ありな男性人口ということになりますね!(ざっくり)

もちろん、今時地域も国籍も関係ないので、実際には可能性は無限大と言っていいでしょう。

で、問題はそっからどうやって運命の人を見つけるか、何ですよね。

タイプの人に出会える確率は?自分のタイプがどのくらいの割合でいるのか?

さて、では自分はどのくらいの確率でタイプの人に合えているのかを試算します。
合コンや紹介など、出会った人数を覚えている人は書き出して、そこから付き合った人の人数、または何度かデートした人数を出してみましょう。

私の場合は以前記事で紹介しましたが、
出会った数に対し付き合えたのは1.3パーセントでした。
103人当たり一人w

ということはですぞ?
もし100人で会ったら1人は付き合えるタイプいるな、という超絶おしぼりちゃん(理想を絞る人)だったら、
関西の結婚可能性ある男性(20-34歳)1,893,792人×1.3%=24,619人!
関西にはこれだけしかいないことになる

ズボラなチキン
龍谷大学全生徒数を合わせても足りない!※龍谷大学全生徒数20,244人(2015年時点。Wikipediaより。)

意外と身近な数字に近づいてきたのでは??

でも、逆に言えば関西には龍谷大学分くらいの人数の付き合えるタイプの人がいる!ということ。

会社と家の行き帰りだけじゃもったいないですぞ?

ぜひ、ご自分のお住いのエリアで計算してみて下さい♪

今彼氏・旦那がいるあなたへ

隣に大好きな人がいるあなた。
出会えなかったなんて今更考えられないですよね。

多少ムカついても、
思える人に思われることはめちゃくっちゃ奇跡だということを、肝に銘じて下さい
そして、大切にしてください。
命は有限です。時間も有限です。
だからこそ価値があるんですけどね。

今彼氏がいないあなたへ

恋活は、ある意味就職活動よりもメンタルやられます。

人の道も外れてないのに、なんで私だけ相手がいないんだろう
私には運命の人なんていないのかも

そんな風に思う日だってあるでしょう。

でも、負けないで。

ここで、

私には絶対いい人がおるはずやねん
と自分を信じてあげること。
根拠なんてなくていい。
信じて、あとは、あぐらかかないで、機会があればしっかり恋活に参加する。
機会がなければ自ら生み出す。

照り子
信じて頑張っていれば、おテントさんは見てますよ♪
最後に明言を。

やる後悔は経験が残るけど、
やらない後悔は後悔しか残らない。
BY南海キャンディーズ山ちゃん母



後悔なきよう生きていきましょう♪
ズボラなチキンでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。