お互い嫌いになって別れてない人の辛さと乗り越え方

check

私はこのブログで何度か書いている通り、先月3年付き合った彼氏と別れました。

私は20歳の時に人生史上最大の失恋を経験していたので、割と大丈夫だろうなと思ってたんですが、結論

失恋は慣れない、です。慣れない。無理。2度としたくないって毎回思うね←

今回の私の別れについてはもし気になれば(共感すると楽だったりする)、下記からどうぞ。

さて、今回は 「嫌いになってない別れ」について、です。

嫌いになってない別れはなぜ辛いのか

sad

嫌いになってない別れがなんで辛いかっていえば、 「お互いまだ好き」だからでしょうね。もしくは情があるか。そして、相手に嫌われてるわけでもないから、取ろうと思えば連絡だってとれたりとか。

私たちは将来を考えて別れたのですが、別れたら結局寂しいので「これでよかったのか」とか「今じゃなくてもよかったんじゃないか」なんて、今の寂しさに耐えるのが辛くなって思ったりするんですよ。

そんな時もスマホはすぐ近くにあって。本当だったらいつでも連絡できる。でも、連絡するのは正しい道ではない、と一応頭でもわかってる。

この状況、思ったより辛いです。今まで「情」なんてやつもわからなかったし、「好きで別れる」決断ができる気持ちもわからなかったけど。

そして周りにはそんなに辛い辛い言えないのも悲しいんですよね。「え、将来的に考えてだからよかったやん」ってもちろん周りはなるので。

嫌いになってない別れの場合、連絡はどうする?

Friends

お互いに嫌いになって別れたわけではないので、連絡って取れちゃうんですよね。私も実際に取っちゃいました。私の場合は向こうがたわいもない話を送ってきたので返していたのですが。

でも返しながら「このままはいられないんだな」と思うとそれも切なく。笑

お互い多分、今までは何気ない話をする相手のTOP3くらいにはいたので、そこを失うとなかなかきついんだろうな、と分析したり。

前置きが長くなりましたが、 結論。取らない方がいいです。そりゃもちろん。別れた理由にもよりますけどね。連絡を取ることによって友達に戻れるって言うならいいかもしれないけど、ついついお互い他を見る気なくなってズルズルいっちゃう可能性があるなら、取らないのがベスト。

うーん。本当に難しいけど。

でも精神崩壊しそうって言うなら、他も探しつつ、自分で自分を癒す術も身につけつつ一時的に連絡とる分にはいいんじゃないかなと思います。

別れた相手と連絡を取り合ってみて

連絡がないB型彼氏

私の場合、正直最初に元彼から連絡が来た時、嬉しかったです。戻れるわけではないのはわかってても、なんか無事か知りたいし、元気か気になるから。(元気だろうけど)。

そして何より、私と言う存在と離れて、少しでも寂しさを感じてくれたってことかなと思うと、安心もしてました。

何より、心が安定してたw取りあってる時は。

でも、それじゃダメってわかってるから苦しくもある。そして、やっぱり、戻りたくなっちゃうから、取り合うのは良くないね、とやってみて思いました。

基本、元彼とは友達に戻りたいと個人的には思うタチですが、叶った試しはありません。同級生だった元彼は、もちろんみんなの前では普通に話しますが、1対1なんて絶対ないし。(もう結婚してるってのもあるけど)。

一刻も早く立ち直って婚活したいって言うなら、心を鬼にしてでも、連絡は取らない方がいいと思います。

寂しい時の対処法

on the bed

まあ、失恋の乗り越え方については、当ブログは結構失恋した人に読んでいただいてるものが多いので、こちらを参考にしていただくと宜しいかと思いますが、タイムリーに最近失恋したので追加するとすれば、「泣ける映画を見る」。かな。

結局泣きたいけど、うまく泣けない時もあるんですよね。もやもやしたりするだけで。

涙には癒し効果があるんで、映画で泣くのはアリじゃないかなと思います。それか、あまりにも能天気な動画とかみてゲラゲラ笑うとか。

私は最近めちゃくちゃ泣きたくなって暗くなった時、友達から送られてきた「このヒカキンの動画めちゃおもろいで」って言うのをみて、平和なヒカキンをみてなんか和むことができました。ありがとうヒカキンさん。

そして、仲良い友達にだったら泣言行ってもいいと思う。人前で泣くなんて誰でも避けたいけどね。私は例え親友だろうが泣きたくない。泣きたくないけど、涙は出ますけどねw

とにかく、忙しくすることが一番対処療法かな。そうすれば時が過ぎてだんだん過去にできます。結局私の最大の失恋から立ち直らせてくれたのも時間もあると思うし。

これを読んでいると言うことは今辛いかと思いますが、一緒に乗り越えましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

取り柄=英会話。【毎日が楽しい】人生を追い求めて2●年。【職歴】海外営業→英会話講師→広告営業→事務で今に至る。【仕事=楽しい】を探し続けた結果、ライターになりたいことに気付く。現在は会社員の傍らブログの更新、ライターとしても活動しようと模索中。 決断に困ったときは【1年後死んで後悔しないか?】自分に聞く。